AmazonのAlexa搭載スマートスピーカー各モデルをまとめてみた


AmazonEchoなどAlexa搭載スピーカーの発売が4月3日と迫ってきていますので、改めて各端末の特徴やオススメポイントをまとめました。

現在、わたしが所持しているのは

Amazon Alexa系列
・AmazonEcho、EchoDot
・Eufy Genie ×2
・HarmanKardon Allure

Google
・GoogleHomeMini

で、ほかにAlexa搭載機ではONKYOのP3をお借りするなどEchoPlus以外はすべてのAlexa端末を触っています。なので、特徴や各端末の違いについて感じたことをまとめますね。

Echoシリーズかそれ以外か。Amazon Alexa スピーカーの選び方

単純にわけるならネコ派なら「AmazonAlexa」イヌ派なら「GoogleHome」をオススメします。Alexaのほうが若干ツンケンしていて、GoogleHome系は丁寧な対応をしてくれます。

個人的に単体の完成度は『GoogleHome』系のほうが上じゃないかなと思ってる。ただ、Amazonのほうが圧倒的シェアと販売力があるため今後周辺機器などが充実して覇権を獲るんだろうなぁと感じています。本当にスマートスピーカーをお試しとして買うなら『GoogleHome』がオススメ。特に、たまーに実施してるお試し半額等で買えれば上々です。

AmazoAlexa搭載のスピーカーの魅力はスキルによる機能拡張や、家電との連携なんですが、これいまのところ将来性に期待としか言えない。あと、Kindleの読み上げはAlexaならではの機能ですね。(……もちろん、Siriで読み上げてBluetoothで飛ばせばGoogleHomeでも読み上げてくれますけど)

よし、じゃあAmazonAlexa搭載タイプをオススメするぜ!といっても、こちらAmazon謹製のEchoシリーズと、サードパーティ製に別れるのですが、それぞれ強みがまったく違います。以下、本記事の肝部分です。

スマートホームに強い『Echo』シリーズと音楽に優れたサードパーティモデル

Alexa搭載端末は4月3日に6機種発売されますが、それぞれの特徴としてホームアシスタントとして求めるならEchoシリーズ、音楽を重視するならサードパーティ製をオススメします。

AmazonのEchoシリーズ - スマート家電やホームアシスタントを重視するなら
・EchoDot とりあえずのエントリーモデルですが、手持ちにいいスピーカーがあればこちら。
・Echo 家にスピーカーがまったく無い、ちょっと音楽を流すくらいならこれ
・Echo Plus 電球のON/OFF、色を変えるなど電球操作に優れたモデル。将来に期待。

サードパーティモデル - SpotifyやMusicUnlimitedなど音楽を重視
・Anker Eufy Genie - 手持ちのスピーカーをスマート化させる最高のオプションパーツ レビュー記事
・HarmanKardon Allure - 響く低音轟く爆音。一騎当千のモンスター。 レビュー記事
・ONKYO P3 - ONKYO製品と連携させる機能が充実したモデル。ONKYO派なら一択。 レビュー記事

サードパーティ製は【Alexaの名称変更(Amazon・Echo・Computer)と変更できない】【定形アクションが作れない】【マルチルームミュージック化ができない】などホームアシスタントとしていくつか重要な機能が使えない制限がかかっています。ただ、Amazonにはできないデバイス特徴やその他サービスの連携など音楽面では圧倒的に優秀です。

スマートスピーカーの良さはお布団にはいってから

個人的にね、スマートスピーカーは寝室に持ち込んで使ってもらいたいと思ってるんですよ。いま、主に使ってるのは以下なんですけどね

【寝る前】
・アレクサ ヒーリングミュージックを再生して → アレクサ、15分後に音楽を止めて
・アレクサ タイマー 7時間後

【起床後】
・アレクサ タイマー 30分 → アレクサ 午前11時にアラーム (二度寝用)
・アレクサ 今日の天気は
・アレクサ ニュースを教えて

寝る前にスマホの画面を見るのは睡眠に良くないですし、寝起きにスマホ見ると布団の中でゴロゴロしちゃいますから。スマートスピーカーを寝室に導入したら寝付きと寝起きがとてもよくなりました。スマートスピーカーで出来ることはほとんどスマホでできるのですが、寝付き/寝起きはスマートスピーカー様様だと思っています。

ホントは電気をつけて、エアコンを消してとか家電連携もできればカッコイイのですが……枕元のリモコンでまだ十分じゃないかと思ってる。

これくらいならEchoシリーズだろうが、サードパーティ製だろうが大した違いはないのでちょっとした目覚まし時計くらいのつもりでEchoDotでもいいかもしれませんし、目覚めの一発はデスメタルじゃないと!という方はHarmanKardon Allureで昇天して欲しい

きんどうがオススメするAlexaスピーカー3モデル

ダラダラと違いとか、使い方を紹介しましたがいざオススメするなら下記3モデルです。

Harman Kardon ALLURE アルーア スマートスピーカー

価格:26,870円 プライム会員限定で5,000円OFF

Alexa Voice Serviceを搭載したHarman Kardonブランド初のスマートスピーカー

Eufy Genie(Amazon Alexa搭載スマートスピーカー)

Anker
価格:4,980円

【音声操作 / Amazon Musicによる音楽ストリーム再生 / スマートホーム操作 / AirPlay対応 / AUXポート対応】(ブラック) T1240511

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

価格:5,980 → 4,480円 4月2日まで予約キャンペーン

「アレクサ」と話しかけるだけで、音楽の再生、天気やニュースの読み上げ、アラームのセット、Kindle本の読み上げなど簡単に音声操作

Harman Kardon ALLURE(アルーア)……メーカーからお借りした時に急に爆音が鳴るとか、ボリューム10段階のうち3の時点ですでにウルサイとか文句がたくさんあったのですが、低音が魅力的過ぎるんよ。レンタル機をメーカーにお返しした後、Amazonから招待が届かないから結局同メーカーのAURA STUDIO 2を買ったんですけどね。ユニットサイズとかAURA STUDIO 2のほうが上のはずなんですがAllureほどの凶暴さがなかった。

その後Amazonから招待メールが来て、相当悩んだ上で買ったのだけど、やはり後悔するほどの爆音で深夜はとても使えないのだけど今持っているスマートスピーカーの中で一番気に入ってる。物理的にPCと繋げられれば以下のAirPlayグループにいれられるのに……。外部入力が無いというのだけが残念。あと急な爆音問題は端末の問題だったのか、Amazonレビューにある通り交換したら治るみたい。わたしが買ったのは問題ないようです。

Anker Eufy Genie(ユーフィーゲニエ)……先述のAURA STUDIO 2とTimedomain lightというスピーカーにそれぞれ接続してAirPlayで再生しています。マイクは常にOFF。AirPlayとSpotifyConnectを使うためだけのオプション機として贅沢な使い方をしています。あぁ、これにAllureが接続できれば。Spotifyがマルチ再生に対応してくれないかなぁ……。

Amazon Echo Dot……Allureをアレクサと呼んでいるので、彼の名はアマゾンとしています。スキルをチェックするか、寝室の目覚まし時計として大活躍。明日4月2日までのキャンペーンで4,480円なら十分目覚まし時計として元を取れるはずです。

Amazonスマートスピーカーを買ったらあわせてブクマ推奨です

セットアップやスキル追加・音楽の管理などに便利なブラウザ版『Alexa』管理メニュー

何かと問い合わせることが多いのにAmazonトップから消えてしまった『カスタマーサービスへ連絡』

参考:蔦屋家電で期間限定デモを実施中ですって

”本日から5月31日(木)まで設けられます。二子玉川 蔦屋家電の1F リビングフロアにEchoシリーズ全てを配し、自宅にいるような生活空間でAlexaと過ごす新しいライススタイルを実現しています。例えば、「アレクサ、今日は傘いる?」、「アレクサ、今日のニュースを教えて」、と話しかけるだけで今日の天気やニュースも聞け、またその場で音楽をかけることも可能です。”

Amazon Echo、Amazon Alexaの体験コーナーが二子玉川 蔦屋家電にオープン プレスリリース

[スポンサーリンク]

LINEで速報をお届けします

【漫画】radikoで文化放送を再生

返品はAmazonカスタマーサービスへ

【漫画】TSUTAYAでおすすめを教えて

Follow Me!!

更新通知を受け取る

  • 新着記事
  • セール
  • 人気