【書評】解放・・・!就寝・・・!格安ビジネスホテル・・・!なぜ、こんなにも惹きつけられるのか『1日外出録ハンチョウ』

こんにちは、きんどるどうでしょうです。新企画「きんどうが気になってる新刊を代わりに紹介してください(仮)」の2冊目。

"このマンガがすごい2017男性1位"にも輝いた『中間管理録トネガワ』 に続くカイジスピンオフシリーズ最新作『1日外出録ハンチョウ』第1巻のレビューをいただきました。

トネガワはサラリーマンの悲哀や管理職の生き様などが醍醐味でしたが、今作のテーマは『飯テロ』。もちろん、ただの飯テロではない、本当に…あらゆる手管で…飯を味わい尽くす…。

Kindle『1日外出録ハンチョウ』第1巻


現代を生きる私たちにとって有意義な1日を考えるためのバイブル

おはようございます、こんちには、こんばんは、初めまして!フェニルアラニン@FGO_phenylと申します。私が紹介するのは"1日外出録ハンチョウ"!!みんな大好き大槻班長が主役だよ!

・・・・・・・さてカイジ未読者の方々には誰だこの表紙の人、と思う方もいらっしゃると思いますが、ツイッターなどで漫画のワンシーンが流れてきたのを見たことがある方もいるのではないでしょうか?しかし改めて紹介したいと思います。

表紙のこのお方、大槻班長は大人気漫画カイジシリーズに登場する中ボス的存在のキャラクターなのですが、クセがかなり強い! 彼はタイトルの通り、負債により強制労働をさせられている債務者取り仕切る班長の地位にあるのですが、この地位を利用しチンチロで大金を稼いでいる猛者なのです。原作主人公カイジに対して時に(表面上)優しく、時にズル賢く大立ち回りを演じ、地の底へ落ちたカイジを苦しませていき、今作とはまた違った一面を見せてくれますよ。

こちらの方が気になった方は是非原作を一読して見てください・・・・・・ハマりますよ・・・・・・!

さて、今作ではカイジに打ちのめされたせいか、少し丸くなった班長が主役となりますがその内容はというと・・・・・・

飯テロ、そして1日限定の日常もの

この漫画のジャンルはいわゆる飯マンガいうやつなんですが、それだけにとどまらず班長の外出1日間を楽しむことができる一粒で二度美味しいオムニバス作品です

と言いつつも実際には班長の快適1日ライフを楽しむ漫画と言えるでしょう。自分も正直、飯の美味しそうな描写よりも班長の1日外出を満喫する様子を楽しんでいますね。ですので今回は主に班長のわずか1日の日常ものとして割り切って内容をご紹介していきます。

ですが、悪役の日常なんて面白そうに聞こえない、と思う人もいるかと思います。しかし、カイジの悪役の日常が面白いのはもう1つのスピンオフ作"中間管理録トネガワ"でも証明済み・・・・・・! そう、カイジの悪役たちはただ飯を喰らうだけでも面白いのだ・・・・・・

このマンガでは毎回、前述のチンチロで稼いだ大金によって大槻班長が地上に解放されるところから始まり、就寝・・・! 格安ビジネスホテル・・・! ここまでがテンプレとなっております。読み進めていくとなぜかここがツボになってしまいます笑

そして時には黒服とともに街を練り歩き、時には思い出の店に足を運んだりしてグルメを食べ歩いていくのですが、よくあるグルメ漫画と違い食欲をそそるようなシーンが盛りだくさんとは言えません。しかし食事の時の駆け引き、悪知恵は・・・・・・さすが班長・・・・・・! 圧倒的・・・・・・悪魔的発想・・・・・・!

ネタバレになってしまうので詳しくは言えませんが、常人には思いつかないような班長のひらめきには笑いが止まりません。その悪魔的考えに思わず感心しニヤケてしまうでしょう。個人的にはハンチョウがドンキで遊び尽くしたり、食の好みが合いすぎる外出者と食べ歩く話が本当に面白いのでぜひ読んでもらいたい。

よく考えてみると班長が50万ペリカもの大金を払って買っているかけがえのない自由な1日は私たちにとってにとってありふれた1日で、十分実現可能な内容です。それなのになぜ私たちはそんな班長の1日に惹きつけられ羨ましいものに見えてしまうのでしょうか? これは休日に一日中ゴロゴロしてしまうような現代を生きる私たちにとって有意義な1日を考えるためのバイブル足りえると言えるでしょう

このような感じで紹介してきましたがこの作品、原作カイジを知る知らないに関わらずどんな方にも読んでほしい一作です・・・・・・! カイジはシリアスな雰囲気が好きなんだよなぁという人も、一生懸命に、そして適度に力を抜き1日飲んで食って大満喫する大槻班長にシリアス(な笑い)を感じることでしょう・・・・・・!

友情・努力・勝利といった派手なシーンはありませんがクスッとするシーンが随所に散りばめられ、飽きることはありません。ですが、毎回読者の予想の斜め上をいくオチにあなたもきっとハマってしまうはず!公式サイトなどで一話の試し読みも公開されているので一度読んでみればこの面白さが分かると思います。後悔はさせませんよ。まだ一巻しか発売していないのでここから追いつけるところも魅力です。

以上簡単な紹介にはなりましたがトネガワの魅力が少しでも伝われば幸いです。

AmazonKindle電子書籍で好評配信中です『1日外出録ハンチョウ』

1日外出録ハンチョウ(1)

福本伸行 (著), 萩原天晴 (著), 上原求 (著), 新井和也 (著)
価格:540円

地の獄…! 底の底…! 帝愛地下労働施設…! 劣悪な環境である地下にいながら「1日外出券」を使い、地上で贅の限りを尽くす男がいた…! その名は大槻…! E班・班長にして、1日を楽しみ尽くす匠…! 飲んで食って大満喫…! のたり楽しむ大槻を描く、飯テロ・スピンオフ第1巻‥!

*今回、書紹介のため本文内画像を複数引用しております。引用といえる範囲内での画像書籍画像を本文内に掲載しておりますが、著作権者の方から申し立て頂き次第すぐに削除等の対応をさせていただきます。

【続き】お二人目のレビュー @____nrh

きんどうが気になっている新刊レビューしてくれる方募集

[スポンサーリンク]

Follow Me!!

更新通知を受け取る

image/svg+xml ブラウザでプッシュ通知
  • 新着記事
  • セール関連記事
  • 人気記事