ショートストーリーの名手、九井諒子の初長編「ダンジョン飯 」1巻の魅力をご紹介させてください

KADOKAWAエンターブレインBC 電子書籍担当のOです。文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞やマンガ大賞ノミネートなど、これまで短編作品でその魅力を発揮してきた九井諒子の新作長編作品『ダンジョン飯』第1巻がKindleストアコミック総合1位になりました。

そこで、本作をご存知でないKindleユーザーの皆さまにこれから更に話題となること間違いなしの良作、発売したてほやほやの1巻の魅力をご紹介させてください。

九井諒子、初の長編連載。待望の電子化! ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう……。そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう!」スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!! 襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、ダンジョンの踏破を目指せ! 冒険者よ!!

『冒険×ダンジョン』九井諒子が初めて挑む長編『ダンジョン飯』のココがスゴイ!

「食」という誰しもにある欲求をくすぐる「グルメ漫画」はその地位を確立して久しく、現在では細分化がかなり進みつつあります。多くの作品の核は「食」を通じた「共感」であったり「知識欲」を満たすことであったりします。この作品はそんな「グルメ漫画」の流れを汲みながらも逸脱したジャンルについて描かれています。

『ダンジョンにも生態系がある』=『食えるはずだ』

冒険×グルメ。

これだけ聞くとさもありなん、といった感じでしょうか。しかし、この作品の舞台は「ダンジョン」。セーブポイントが無くて全滅したり、大事な宝箱を取り忘れたり、高経験値のモンスターに出合い頭に逃げられたりする、あの「ダンジョン」です。

RPGに熱を上げて楽しんだことがある方でも、これまで彼らの腹の虫事情まで想像に及んだことがあるでしょうか。

しかし突飛な設定のように思えて物語は随所に人間味が溢れています。モンスターの生体や調理方法も秀逸。ああ、あのモンスターはこういう風になってたのね、と膝を打つこと数知れず。

大好評:スライムの干物のつくり方
1501166a
超大作RPGを3作くらい(つまりファミコン)しかしたことのない私のような大ざっくりなRPGの知識でも充分楽しむことができます。

短編の名手だけあり、話のテンポがよいうえ絵柄も判りやすく、どのような好みの方にも自信を持ってお勧めできる作品です。これから更に話題となること間違いなしの良作、発売したてほやほやの1巻からぜひ追いかけてみてはいかがでしょうか

この記事を書いた人

株式会社KADOKAWA エンターブレインBC 電子出版推進室 担当:O
遊べる本屋から出版営業に転職し10年、だだ漏れの漫画愛だけでどうにかやってきました。エンターブレインBCの漫画をもっと広く皆様に知っていただけるようがんばりますので、以後お見知りおきくださいませ!

[スポンサーリンク]

Follow Me!!

更新通知を受け取る

image/svg+xml ブラウザでプッシュ通知
  • 新着記事
  • セール関連記事
  • 人気記事

まだデータがありません。