幻のエクスタシーを求めて「乱交・SM・ハプニングバー初体験記」を執筆した櫻井ゆきさんにインタビュー

1305312こんにちは、きんどるどうでしょうです。
いま話題、もしくはこれから話題になるであろうKindle作家にインタビューするKDP最前線。今夜はその第125回。
先日の無料キャンペーンでえらいクリックされておりました「乱交・SM・ハプニングバー初体験記」を執筆した櫻井ゆきさんです。女性目線から語るエロースな部分が生々しい。
櫻井ゆきさんには本作執筆のキッカケやオススメのポイントをなどを語っていただきました。さぁ、いったいどんなお話が聞けるのでしょうか。もちろん、本作はAmazonKindleで無料で試読が可能です。

著者プロフィール

櫻井ゆき(さくらいゆき)
東京都出身。
1人で静かに本を読んだり文章を書くのが好きです。IT関連企業で開発サポートをした経験もありますので、電子書籍作家は天職だと思っています。
属性:M女を名乗っていますが、恐らくは、単にSMごっこが好きなだけの快楽系ノーマルです。
現在の取り組み:私だからこそ表現できる世界を電子書籍で展開すべく、日々精進しています。
過去の作品『失恋したあなたへ 嫉妬に苦しむ心の処方箋』(Kindle本)「恋愛・結婚・離婚」部門で1位を獲得しました。
ブログ http://yukisakurai2013.blog.fc2.com/

乱交・SM・ハプニングバー初体験記

ハプニングバーってどんな場所? 潮噴きって気持ちいいの? 露出って楽しい? SMってどんな事をするの?すっごいテクニシャンと究極のセックスをすれば、エロ小説に書いてあるような「めくるめく快感」を体験できる?そんな数々の疑問に、初心者のゆきちゃんが体を張ってお答え致します。
とりあえず何でも一通り経験しようと、変態プレイの数々を試し、その結果得られた結論とは。日常生活をほんの一時離れて、エロスの世界を垣間見てみたいと思っている全ての方に送りたい一冊。各項目ごとに掲載した楽しいセクシーショット画像も合わせてお楽しみください
価格:250円
評価:★★★★* 2件のレビュー
Amazon.co.jpで詳細を見る

――この作品を書いたキッカケを教えてください

実は私、もともとセックスが苦手だったんです。うまく反応する事が出来ないし、すぐ痛くなってしまって。そもそも、他人とのコミュニケーション能力に欠陥があるのではないか、自分は異常なのではないかとさえ思い、ずっと悩んで来ました。
でも、「普通」の人間なんて本当は存在しないのではないでしょうか。
それなのに今の社会では、ちょっと人と違うとすぐに疎外されてしまう。セックスに於いても、世間一般に出回っている「常識」から外れた人は「変態」呼ばわりされて蔑まれてしまう。
でも、そんな「変態」が集まる場所があるのです。もちろんそこでもみんな色んな悩みを抱えているし、決してパラダイスではありませんが、少なくとも私はそこで、いろんな事を学びました。その事を誰かに伝えたくて、電子書籍という手段を選びました。
きっかけはこのように、とても真面目なのですが。読んでいただく分には、そんな堅苦しく考えずに、身近にいる女の子のエロ冒険談として楽しんでいただければと思います。

――作品の特徴やセールスポイントはどんな部分ですか?

語り手である女の子が過激なエロの世界を初体験し、とまどいながら成長していく姿を女性目線で描いた事が、この作品の特徴です。
男性目線で乱交やSMを扱った小説では、女性は誰でもスイッチが入ればすぐにエロに突入して快楽の海に溺れるかのように描かれているものが多いと感じています。それが世間一般の男性の願望なのかと思いますが、それは正直、現実からはほど遠い妄想です
それではどうすればいいのか、女性はセックスに対して何を求めているのかを表現したかったため、単にプレイの内容を書くのではなく、それに対する女性の好奇心や戸惑いに重点を置きました。女性の皆様に共感していただけると嬉しいです
画像も、女性目線で綺麗だと思えるものや楽しいものを選りすぐって17枚掲載しました。

――作品を書くうえで悩んだところは?

どこまで具体的に書くかを非常に悩みました。変態プレイを一通り紹介しましたが、リアルで詳細な描写を求める人には物足りない部分があるかも知れません。けれどもこれは「初体験記」なので、初めてエロの世界に踏み込む初心者向けのガイドとなるよう心がけました

――執筆にかかった期間はどれくらいですか?

構想は1年以上前からありましたが、実際の執筆にかけた期間は2ヶ月くらいです。
最初の1ヶ月で持ちネタを思いつくままに書き出し、次の1ヶ月で全体の構成を見ながら冗長な部分は切り捨て足りない部分を書き足しました。

――読者からの感想はありましたか?

はい。特に嬉しかったのは、女性からの「すごく共感できるとこもあるし、電車の中でいろいろ想像しちゃいました」という感想と、男性からの「女性の心境が上手く描かれていますね」という感想です。
素晴らしいレビューもいただき、とても励みになりました。本当にありがとうございました。

――どうしてこのタイトルにしたのですか?

もっと上品なタイトル(『幻のエクスタシーを求めて』など)も検討したのですが、キレイキレイな感じにまとめるのではなく、私が感じた事をすべて表現する意気込みがなければ出版する意味がないと思いましたので、ちょっと直接的すぎるかとは思いましたが、内容が一目で分かるタイトルにしてみました。

――Kindleで出すにあたって困ったことはありますか?

私がKindleで出版するのは今回で2冊目になりますが、相変わらず出版手続きは不明な点が多くドキドキします(笑)
でも、ヘルプ等の説明通りに丁寧に進めていけば、結果的に特にトラブルはなく出版できました。

――無料キャンペーンを検討している方へ、こういう点は気をつけたほうがいいなどアドバイスをお願いします

初めてブログ等で無料キャンペーンを告知する場合は、Kindle本のダウンロード方法を知らない方も多いと思いますので、Kindleアプリのインストール方法などを詳しく案内すると喜ばれると思います

――無料キャンペーンの利用前と後で販売部数に変化は生まれましたか?

出版直後に無料キャンペーンを行いましたので、利用前と後の比較はしておりませんが、販売部数は確実に上がると思います。

――アイデアを出したり、集中力を高めたりするためにやっていることは?

最近、瞑想にはまっています。自分の気をコントロールできれば感度も高まるので一石二鳥です(笑)

――この本を紙で出したいという出版社が来たらどうしますか?

ありがたくお受けしたいと思います。

――今後の予定について簡単に教えてください

この書籍は「究極のセックス」シリーズの第一巻になりますので、今後、「ゆきちゃん」の成長に合わせて3ヶ月に1冊のペースを目指して出版する予定です。

――それでは最後に、読者の方へメッセージをお願いします

この「究極のセックス」シリーズは、ただ単にエロい事がしたかった訳ではなく、他人とのコミュニケーションを求める手段として非日常的なセックスを選んだ女の子の物語です。
これからも、変態業界の方々との出会いを通じて成長していく女性の姿を描いていきたいと思います。私のインタビューを最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。今後ともどうぞご贔屓のほど宜しくお願い申し上げます。

きんどるどうでしょうでは、KindleDirectPublishing、個人出版で頑張るインディーズ作家の方々を応援しています。

Follow Me!!

更新通知を受け取る

image/svg+xml ブラウザでプッシュ通知
  • 新着記事
  • セール関連記事
  • 人気記事

まだデータがありません。