ギター1本で英国ノマドライフ「地下鉄から愛をこめて バスカー土門の人生相談悩んだときはこれを聴け!」を執筆した土門 秀明さんにインタビュー

1304101こんばんわ、きんどるどうでしょうです。
いま話題、もしくはこれから話題になるであろうKindle作家にインタビューするKDP最前線。今夜はその第95回。
元バブルガムブラザーズのギタリストが英国ロンドンで地下鉄公認のギター演奏者として気づいた魂の人生案内「地下鉄から愛をこめて バスカー土門の人生相談悩んだときはこれを聴け!」を執筆した土門 秀明さんです。
土門さんには本作執筆のキッカケやオススメのポイントをなどを語っていただきました。さぁ、いったいどんなお話が聞けるのでしょうか。もちろん、本作はAmazonKindleで無料で試読が可能です。

地下鉄から愛をこめて バスカー土門の人生相談悩んだときはこれを聴け!

日本人初のロンドン地下鉄演奏許可書(バスキング・ライセンス)取得者であり、英国滞在10年間の全生活費をギター1本で稼ぎだした「魂のバスカー土門秀明」による、英国限定のガチンコ人生相談!
英国日本人社会のタブーや、常識を覆す珍回答に在英日本人も大困惑(大迷惑?)。現英国在住者はもちろん、これから英国に旅立つ人、かつて英国に住んでた人も必読。もはやギター仙人と化した「バスカー土門」の魂の回答が、君のハートに直撃だっ!
価格:300円
評価:最初のレビューをお待ちしています
Amazon.co.jpで詳細を見る

インタビュー with 土門秀明さん

――この作品を書いたキッカケを教えてください

私、ロンドン地下鉄でギター演奏をして暮らしているのですが、その日記を英国の日系新聞に連載してた時期がありまして、それの終了と同時に次の企画は何をしようかと編集者と話している時に、英国在住の日本人のためのお悩み相談をやってみたいと言われ引き受けました。

――作品の特徴やセールスポイントはどんな部分ですか?

英国の日本人社会は一種独特の雰囲気がありまして、英国ならではのお悩みって結構あるんです。それに伴い、見て見ぬ振りしてるところとか、タブー気味なこともあって、そこをズバリと言ってしまうという「よく言ってくれましたー!」的な回答が大好評です。

――作品を書くうえで悩んだところは?

なんだかんだ言っても、狭い世界なので、キツい事を言っても、最後は愛のあるメッセージでしめて、敵を作らないように気をつけました。

――どうしてこのタイトルにしたのですか?

ロンドンの地下鉄でギターを弾いていると、本当にいろんな事や人に遭遇します。そこから感じた事や学んだ事を、在英日本人の方々と共有したいという思いと、そんな同胞に、名曲をプレゼントしてなごんでもらいたいという事で決めました。

――執筆にかかった期間はどれくらいですか?

毎週発行の日系フリーペーパーのコラムだったので、200回以上の連載となり結局3年以上かかりました。

――本作の執筆中に起きた印象的な出来事はありますか?

信じられないかもしれませんが、英国では「生たまご掛けご飯」は、病原菌混じってる可能性が高いので絶対食べないという習慣があります。そのタブーに挑戦して、私自身が人柱となり、コラム上で実験として食べてみた回がありまして、それに対して危険過ぎるという事でクレームが殺到しました

――Kindle で出すにあたって困ったことはありますか?

原本のファイルからKindleに移植する時に、フォントや記号などがバグって別の文字になったり、表示されてない文字が出てきたりと編集者さんは大変そうでした。

――アイデアを出したり、集中力を高めたりするためにやっていることは?

毎週いろんなお悩み相談がくるので、正直煮詰まる時や、気の利いた回答が出来そうもない時がありますが、それでもとにかく書き始めてみると、今まで思ってもみなかった名回答がスラスラと書けてしまう事がよくありました。なので、何も思いつかなくても筆を取って何でも書いてみるというのも大事かもしれません。

――オススメのKindle 本を3冊教えてください

すいません。正直、まだDLした事ありません。

――今後、どういった作品を発表していきたいですか?

ロンドン地下鉄のバスキング(楽器演奏などでお金を稼ぐ行為)で遭遇した面白かった事や、悲惨な体験、2005年におきた「ロンドン同時爆発テロ」などの出来事をまとめた「地下鉄のギタリスト」という電子書籍も同時に発売しました。

――今後の予定について簡単に教えてください

昨年帰国しましたので、今後は英国でつくったアルバムのプロモーションや、日本人初の「ロンドン地下鉄許可証取得者」としての貴重な経験を語るトークライブなどをギターを抱えて全国的に展開していきたいですね。

――それでは最後に、読者の方へメッセージをお願いします

現英国在住者はもちろん、かつて英国に住んでた人、これから英国に旅立つ人は必読です。ギター仙人と化した「バスカー土門」の魂の回答が、君のハートに直撃だっ!

著者プロフィール

魂のバスカー土門秀明
1964年生まれ。山形県酒田市出身。90年代にバブルガムブラザーズのギタリストとして活躍。
2002年渡英。2003年、ロンドン市公認の地下鉄バスキングライセンスのオーディションに日本人初で合格し、ロンドン地下鉄公認バスカー(ギター演奏者)となる
2006年、水曜社より「地下鉄のギタリスト Buking in London」を出版、雑誌ダカーポが選ぶ「BOOK OF THE YEAR 2006-2007」、産經新聞が選ぶ「2006年の最も面白かった本トップ3」に選出される。
2007年、インターネットサイト「YouTube」に、ロンドン地下鉄内での演奏風景を多数配信し、その中の「Too Much Love Will Kill You」が、Queenのギタリストであるブライアン・メイ氏の公式HPで紹介され、本人より「This is great!」とコメントされ世界的に話題となる。2011年9月、ファーストアルバム「From The Underground」を iTunes よりリリース。
2012年1月、ロンドン地下鉄構内で生録音されたカバー集「Live in Tube」を NEW VINTAGE RECORDS よりリリース、新聞、テレビ、ラジオなどでも取り上げられ話題となっている。
著者サイト名:Busking in London http://www.domon.co.uk

きんどるどうでしょうでは、KindleDirectPublishing、個人出版で頑張るインディーズ作家の方々を応援しています。

[スポンサーリンク]

Follow Me!!

更新通知を受け取る

image/svg+xml ブラウザでプッシュ通知
  • 新着記事
  • セール関連記事
  • 人気記事