『メイドインアビス』プライムビデオで1〜3話を見よう

Amazonプライムビデオで独占見放題7月スタートのTVアニメ『メイドインアビス』の見所をライターのかーず@karzuspさんよりいただきました。

TVアニメ化にあたっては、原作者つくしあきひとさんがスタッフに唯一した注文が『レグ(主人公のひとり)の乳首を大きくしてくれ』だったそうですが……さて、ロボ少年の乳首はどうなったのでしょうか。正解はあなたの目で確かめて欲しい。良ければ感想を是非Twitter #メイドインアビス見てるで教えてください。***きんどうここまで

メイドインアビス

プライム会員見放題

今からプライムビデオのこれ見よう『メイドインアビス』

秘境の大穴『アビス』。どこまで続くとも知れない深く巨大なその縦穴には、奇妙奇怪な生物たちが生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っている。 「アビス」に挑戦する幾多の『探窟家』たち。偉大な探窟家の母・ライザに憧れるリコは、ある日、少年の姿をしたロボットと出会う。レグと名付けたロボットの少年とリコは、母に会うために、アビスへ潜ることを決意する───。

つくしあきひとの描く冒険ファンタジーマンガ『メイドインアビス』がついにアニメ化! 細部に渡って描きこまれた緻密な絵柄が、独特の雰囲気を醸し出している傑作マンガです。はたしてその魅力がアニメでどう表現されるのか───結論からいうと、最高に面白い。

インターネットでの配信は、Amazonプライムによる独占配信。しかも配信タイミングはAT-Xの数時間後。地上波最速のTOKYO MXと同じ金曜深夜の25時40分から見ることができます。「アニメは関東ばかり最速放映だから、Twitterでネタバレをうっかり見ちゃう」なんて悲劇ともおさらばです。日本のどこにいても、地上波最速と同じタイミングで実況できますよ

見どころ1 王道のガールミーツボーイもの

1話の前半。元気っ子のリコは、ベニクチナワに襲われているところを間一髪で謎のビームに助けられます。その熱線を発したのは、どうやら昏倒している少年らしい。謎のロボット・レグとの劇的な出会いのシーン。

王道のボーイミーツガール。いや、ガールミーツボーイと呼ぶべきでしょうか。活発な行動派の女の子・リコが、冷静で真面目な男の子・レグを引っ張っていく構図。『天空の城ラピュタ』に代表されるような少年少女の冒険譚とは、性別や性格を逆にしていますが、これが見事にハマっています。

……ハマっているというか、レグがおもちゃにされています。レグの髪を燃やそうとしたり、ドリルで穴を開けようとしたり、お尻の穴に棒を挿したり(!) 好奇心旺盛なリコのえじきになるレグの不憫さに合掌。リコとレグの楽しいやり取りに注目です。

見どころ2 旅立ちの理由がわかりやすく描かれていて、すんなり世界観に入っていける

いつも快活なリコですが、母親の白笛を託された時には、心の整理がついていない様子。元気をなくしてしまいます。

「憧れの白笛なのに、私、顔も覚えてなくて。だから、悲しくもなくて。でも、急に目指していた人が消えちゃったような気がしてて」

やんちゃなだけじゃなく、悩む乙女の一面が垣間見えてグッと来ます。同じ隊のメンバーが持ってきた、母・ライザの封書には、

「奈落の底で待つ」

の文字が。母からのメッセージだと直感したリコは、アビスの大穴に潜ることを決意します。

一方。記憶喪失のレグは、自分が何者なのかを問い続けています。3話で

「『奈落の底に答えがある』というやつだ」
「ひょっとしたら、僕が作られた意味やここに来た理由も、それら全部がアビスの底にたどり着ければ、見つかるんじゃないか」

と大穴に思いを馳せるんです。二人の旅立つ理由がすごく自然に描かれていて、冒険に向かう二人に感情移入してしまいます。

見どころ3 レグのロボット具合へのこだわりと、人間っぽい豊かな感情

レグのロボ具合が実にイイ。伸びる金属の腕。よく見ると網目のような刻みがあって、よくしなるんです。1話で天井から降りるときなど、伸び縮みの時にはブブブブって駆動音が鳴って、腕を巻き戻す時はシュルルル、ジャキン! 腕を動かすときにはカラカラって鳴るんです。ロボットであることを「音」で表現しています。アニメだからこその長所が、ここで遺憾なく発揮されているんです。


原作 つくしあきひと『メイドインアビス』(竹書房)』第1巻より

硬質な手足とは別に、レグのほっぺたもお腹もプニプニの柔らかさで肌触りが実に良さそう。硬質な金属と、モチ肌のぷに萌え感の華麗なる融合を見よ! そんなレグが、股間を見て顔を赤らめたり、お祈りガイコツにビビって同僚のナットに飛びついたり、ムキになって怒ったり。人間らしい喜怒哀楽も微笑ましいんです。

見どころ4 絵本のような背景や造形物にロマンを感じる

空中を浮遊している、10メートルはあろうかという大蛇っぽい生物・ベニクチナワ。シカのような角。禍々しい紫とピンクの鱗。羽毛のような腹は、我々の知る蛇とはだいぶ違います。異質な生態系を持つ世界であることがひと目でわかる、異形の生物たち。

そこかしこに同じポーズで眠っている遺骸「お祈りガイコツ」。孤児院の教室は、机が床ではなく、壁沿いに張り付いているのも珍しい光景です。

探窟家が見つけてくる「遺物」も、彼らの科学力では作ることができない、ロストテクノロジーによる産物。3話でレグが見つけた、丸っこくてフワフワしたものは、女性のおっぱいと同じ感触を持つ「姫乳房」。なんとも男のロマン溢れる遺物でしょうか

『メイドインアビス』で描かれる独自の生態サイクル。独自の文化、人工物。そのどれもが新しい刺激に満ちていて、すごく魅力的な世界観を紡いでいるんです。

今までに判明しているアビスの大穴の構造を、3話で同僚のシギーが解説しています。上下逆さに木が生えている『逆さ森』。800メートル以上の巨大な植物が器のようになっていてお湯をはっている『巨人の盃』。どれもが探究心をくすぐると同時に、まったく想像もつかない絶界のマップを見ているだけでワクワクが止まりません。

そして1話のラスト。リコはレグを連れて、高台へと到着します。朝日に照らされたアビスの大穴を見下ろす二人。さらにカメラは俯瞰へ。直径1,000メートルの大穴を囲むようにギッシリと建物が並び、火口を思わせる山頂には風車の列が並んでいます。大穴には霧がかかっていて、ところどころから滝が流れていく。その入り口から、どこまでも穴の底へフォーカスしていきます。

美しい自然と禍々しさが共存する、不可思議な景色。物語の舞台となるアビスの大穴は、それ自体が登場人物のような強い存在感を訴えかけてきます。

空想上の生態系をゼロから構築して、描き上げていく卓越した画力。作家・つくしあきひと氏のイメージ力の凄まじさを、アニメフィルムで表現することに成功しています。

見どころ5 オープニングの見ていて気持ちいい感

オープニングの素晴らしさも語っておきたいです。探窟家として凛々しく洞窟を探検するリコ。暖かい木漏れ日でウトウト眠りにつくレグ。リコがゴロゴロって転がる超絶作画は、劇場版レベルのハイクオリティです。いや、本編もすべてそのレベルの作画で描かれているのが恐ろしいですが。

サビの、リコとレグが駆け寄って抱きつくシーン。レグがちょっと恥ずかしそうに顔を赤らめるんです。ここ、胸キュンポイントですよー!

合間に挿入されるライザの後ろ姿。不穏なアビスの深層の、おどろおどろしい風景がチラリと一瞬映るのは、決して冒険が楽なものではないことを暗示しています。

「Deep in Abyss」のリズミカルな曲調と映像のマッチングも素晴らしい。サビのクライマックス。タン、タン、タン、タンの伴奏に、一小節づつ歌詞が乗る、そのシンクロした映像美は見ているだけで快感です。最後の節に一瞬だけ映るナナチというウサギ耳の獣人は、原作でも大人気キャラ。エンディングでも3人一緒に旅をしてますよね。ナナチを早く本編でも見たい!

あとがき

リコとレグがアビスに出発するまでを3話できっちり描いていて、これだけで『メイドインアビス』のアニメの素晴らしさが伝わってきます。アビスに潜ったリコとレグに、どんな試練が待ちうけているのでしょうか。週末の夜ふかしに、画面にかぶりつきで見てほしい冒険ファンタジーアニメです。

毎週、金曜深夜の25時40分から、Amazonプライムの見放題で独占配信中

メイドインアビス

プライム会員見放題

隅々まで探索されつくした世界に、唯一残された秘境の大穴『アビス』。どこまで続くとも知れない深く巨大なその縦穴には、奇妙奇怪な生物たちが生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っている。「アビス」の不可思議に満ちた姿は人々を魅了し、冒険へと駆り立てた。そうして幾度も大穴に挑戦する冒険者たちは、次第に『探窟家』呼ばれるようになっていった。アビスの縁に築かれた街『オース』に暮らす孤児のリコは、いつか母のような偉大な探窟家になり、アビスの謎を解き明かすことを夢見ていた。 そんなある日、リコはアビスを探窟中に、少年の姿をしたロボットを拾い…?(C)2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

この記事にはAmazonプライムビデオ『メイドインアビス』より複数のスクリーンショットを掲載しています。本画像の著作権者より通告を頂いた際はすみやかに画像を取り下げます。

ライター紹介:かーず

かーずSPオタク系個人ニュースサイトかーずSP管理人。そのほか、フリーライター業や中華麺の製麺業に従事している。得意なジャンルはアニメ、マンガなどの「萌えキャラ」全般。ただし二次元専門です。
karzusp.net

7月29日 最新6巻発売しました

メイドインアビス(6)

つくしあきひと (著)
価格:886円 50%OFF
★★★★★ 8件のレビュー

大穴『アビス』の底を目指し、探窟を続けるリコとレグ、そしてナナチ。壮絶な戦いの末、宿敵ボンドルド討伐に成功する――。
白笛に身を変えた“プルシュカ”を手にし、『絶界の祭壇』に到達したリコ一行。二度と帰ってはこられないという『絶界行(ラストダイブ)』の末、ついに六層に辿り着く――。しかし、そんな彼女たちの前に出現したのは、独特の価値観を持つ“成れ果て”たちの棲む村であった――。

[スポンサーリンク]

Follow Me!!

更新通知を受け取る

image/svg+xml ブラウザでプッシュ通知
  • 新着記事
  • セール関連記事
  • 人気記事

まだデータがありません。