KDP嫌いのブログがKDP作品『アニウッド大通り』をプッシュする4つの理由

*記伊孝『アニウッド大通り』応援企画!Kindle本まとめサイト『電書コミックリサーチ』さんから書評を頂きました

1502112

記事をご覧のみなさまこんにちは!kindleコミックを中心に新刊・セールなどの情報発信するブログコミックリサーチ」の中の人です!

刺激的な記事タイトルをつけてしまって申し訳ありません。別にKDP嫌いというわけではありません(詳しくは後述します)が目立ちたかったのでこんなタイトルにしました!

『アニウッド大通り』の内容に関しては他の方が素晴らしい書評を書いていらっしゃるので、今回は「売り手」から見た魅力についてお伝えします。

KDP嫌いのブログがKDP作品『アニウッド大通り』をプッシュする4つの理由

1502112a

KDP作品の『アニウッド大通り』の記事でいきなりこんなことを書くのはアレですが実はコミックリサーチでは基本的にはKDP作品は紹介してません
商業誌作品を読みたいユーザーは様々な理由でKDP作品に大なり小なり嫌悪感を抱いている方が多いと思っているからです。

そんな感じのコミックリサーチでも『アニウッド大通り』に関してはkindleで新刊出るたびにご紹介させていただいてます。理由は単純で「売りたい」と思ったからです。そして実際に「売れている」からです。では何故『アニウッド大通り』が売れているのかコミックリサーチの中の人なりに考えてみました。

コミックリサーチの中の人が考えるアニウッド人気の秘密

kindle作品を紹介するブログを運営している中で体感している「売れる作品」の特徴はいくつかあるのですが『アニウッド大通り』に関しては、以下にあげる4つの特徴が人気の秘密なんじゃないかなぁと考えました。

1.こだわりの書影

電子書籍を買ってもらうに当たって書影(表紙)のパワーというのはとても重要だと考えてます。どんなにおもしろい内容の作品でも、興味を持ってもらう=クリックしてもらわないことには始まりません
KDP版『アニウッド大通り』の書影はデジタル作品ながら、各巻「帯付き風」のデザインになっています。

1502112e

こうすることでKDP作品ながら商業誌作品のように感じたり作者が伝えたい作品の魅力がわかりやすくなったりしています。こういったところにも「たくさんの人に見てもらいたい」といったこだわりが感じられますね。

2.twitter等での積極的なPR活動

電子書籍で人気が出る作品の特徴の一つとして体感しているのが作者さん、編集さん、出版社さんが積極的にSNSを活用している作品は伸びる、というものがあります。
twitterなどでもただ機械的に情報を流すのではなく

・簡単でもいいので告知専用のイラストを描いて新刊発売の宣伝をする
・twitterなどで作品に対して「買った」「面白かった」などツイートしてる読者がいたらRTしたり、お礼のツイートを送る。
・新刊情報、セール情報などが情報ブログで紹介されたら積極的に拡散する

などなど、うまく活用している作品はよく伸びる傾向にあるように感じます。『アニウッド大通り』もtwitterでのPR活動がしっかりと行われていて、人気UPの要因になっているようです。

3.ちょいエロ

こんなことを書き始めたら「ふざけるな」と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが特に電子書籍では「ちょいエロ」はとても重要なファクターになっています。

理由に関しては考察を始めるとそれだけで記事書けるくらいのボリュームになりそうなので割愛しますが「ちょいエロ」がうまい具合にちりばめられている作品は実際によく売れています。

『アニウッド大通り』ではお色気担当(?)のおかたんが入浴シーンをはじめ、様々な活躍を見せてくれてます。しまいには「みんなでお母ちゃんの乳首を隠そう!企画」まで発動してしまう始末……!

1502112b

4.サブカルチャー+ノスタルジー

最近では『アオイホノオ』や『ハイスコアガール』などサブカルチャーとノスタルジーを題材にした作品が話題になることも多いですが『アニウッド大通り』にも「キン肉マン」や「ギャバン」など実に多くの懐かしい作品が登場します。
『アニウッド大通り』がスゴイのは東方、艦これ、ガルパンなど割と新しめのネタもちりばめているところ!電子書籍のユーザー層的に懐かしい部分、新しめの部分両方あるいはどちらか共感できる、といった読者も多いのかもしれません。

1502112c
1502112d

結局のところ「おもしろい」が正義

先に4つの特徴を挙げましたが結局のところ、漫画としておもしろくなければ売れません。色々策を弄して売れたとしても1巻まで、とかです。

『アニウッド大通り』に関しては読んでて面白く口コミでも話題になったりしてますので今回キャンペーンで安くなっている3巻まではもちろん4巻以降もキャンペーン期間中にかなりの数がコミックリサーチ経由だけでも売れています

ただ、おもしろければ必ず売れる、というわけでもなくおもしろい漫画でも埋もれてしまってランキングの伸びない作品もたくさんあります。今後もおもしろい作品がしっかりと面白さに見合った売れ方をする、そうなっていくためにも是非、『アニウッド大通り』をオススメしてきたいですね!

この記事を書いた人:電書コミックリサーチ @ERISA_CR

電書コミックリサーチの中の人です。電子書籍のコミック情報を紹介したりするブログをこっそりやってます。フォロー歓迎です気軽にどうぞ!
電書コミックリサーチ:http://erisa1993.blog.fc2.com/

[スポンサーリンク]

Follow Me!!

更新通知を受け取る

image/svg+xml ブラウザでプッシュ通知
  • 新着記事
  • セール関連記事
  • 人気記事

まだデータがありません。