簡単実践!文章が劇的に上手になるライティングのコツ


文章を上手にかければいいなと思う方は多いでしょう。
私も日々ブログや原稿を書きながら「あぁ、もっとスラスラ書けるようになればいいのに…」と日々考えております。

そこで、今回は文章力を劇的に向上させるライティングのコツについてお話します。キーワードはシンプルです。

1.短く言い切る勇気を持つ
あやふやな文章は読者に混乱をあたえる恐れがあるかもしれません。‥なあ? 不安になるだろ。言いたいことはシンプルに。

2.結論を最初に書く。
Webユーザーは10秒もページを見てくれないものだ。だからヘッドラインのすぐ下に「この記事の内容のオチ」を書いおこう。

3.余分なつなぎ語を削る
結論を導くために接続詞を多用すると文章がダレる。だから、そして、なぜなら などの言葉は削っていってしまおう。

4.テーマはブレないように意識しよう
章や段落の内容とはブレないように意識しよう。

5.目的によって文体を使い分ける
「である調」は事実を正確、簡潔に表現するのに適した文体だ。だが、読者に高圧的・威圧的で押しつけがましいとの印象を与えかねない。対して「です、ます調」は冗長で間延びした印象がある反面、読み手が親近感を持つ表現ですので読み手との共感を得るのに適しています。

6.勢いのある文章を書こう
読みやすい文章というのは非常に雄・弁・だ! 文の勢いから筆者の声が聞こえてくるようだぁぁ!

7.文末に同じ言葉を繰り返さない
慣れないと、文末に「思います」「である」「られている」「〜だ」などを繰り返し使ってしまう。意識して文末を変えることで、味わい深い文章が生まれるだろう。ただし、体言止めを連発すると文章が区切らてしまうのでリズムが止まってしまうので注意が必要だ。

さいごに

わかりやすい文章にとって重要なのは、センテンスを短く切って、テンポをよくする。そして、主語と述語を近づけ、明確にすることだ。
ただし終始そればかりを意識すると、執筆の手が止まってしまう。文末やテーマを意識しつつも、意識せずにどんどん文章を書いていくのがライティング上達のコツだ。

[スポンサーリンク]

Follow Me!!

更新通知を受け取る

image/svg+xml ブラウザでプッシュ通知
  • 新着記事
  • セール関連記事
  • 人気記事