KindleComicCreaterでコマ割りごとに移動する漫画の作り方

この記事はKindle作家”急急如律令”さんからゲストポストいただきました
130529126aこんにちわ、急急如律令です。
引き続き、今回はKindleComicCreaterを使ってコマ割りごとに移動するマンガの作り方についてお話します。
今回も解説にあたっては素材として鈴木フルーツさんから了承いただき「非実在少女しずむちゃんSweetS」から使わせていただきました。鈴木フルーツさんありがとうございます。
以前の記事:Kindleでマンガを目指す方向け!KindleComicCreaterで目次をつくる方法


Kindle Comic Creator(KC2)のコマ割りごとに移動する漫画の作り方

130529113本の言語-[日本語]
Kindle パネルビューを作成しますか?-[はい]
本の組み方向(縦組/横組)?[縦置き]
本のページ進行方向(右開き/左開き)?[右から左へ]
本のページサイズ(画像の解像度)?[w:900、h:1262]
などと設定して、[続ける]をクリック。パネルビューを選択しないと、コマ割りごとに移動にはならない。
前回の記事のように、タイトル、著者名、カバー画像、保存位置の指定、ページ画像を追加する。
130529114

表示された画面の[デザイン]の部分で右クリックし、[パネル検出]-[全ページ内]をクリック。
130529115(このページ内とクリックすると1ページ毎に設定することになる。)
130529116
ペイン検出中となり、
130529117画面に緑の枠線が表示される。それが、ダブルタップした時にズームされる画面となる。
コマ割りがされていないページでは、自動検出がいいかげんになりがちである。また、このソフトは左開き用で日本の漫画用には作られていないので修正しなければならない量が多くなり、ページ数が多いと大変である。
130529118この枠線は、線をドラッグすることによって移動できる、枠線の隅にマウスカーソルを合わせると大きさを変更できる。
130529120
右に表示されている、[パネルマネージャー]が表示される順番を表していて、ドラッグすることによって順番を変えることができる。
130529127
パネルマネージャーがない場合は、[表示]-[パネルマネージャー]を選ぶことによって表示することができる。
130529122
[ビルド&プレビュー ]をして、実際に表示の確認をする。
130529123
確認画面でコマ割りごとの移動を確認する場合は、ダブルクリックをすることにより、パネルビュー(コマ割りごとに拡大された画面)の表示に変更される。
130529125
130529126そうやってコマ割りごとの移動が可能となる。以上がコマ割りごとに移動する漫画の作り方です。

おわりに

今回のコマ割りごとの移動という作り方ですが、実際に作業を適用するのは結構な手間です。しかし、Kindleは専用端末やタブレットだけでなくiPhoneやAndroidで動くので、保有台数の多いスマホをターゲットにしたり、文字が多い本などを部分的に拡大して読みやすくする。というメリットが考えられます。ちょっとした工夫で可読率は向上するので、こういった手間暇を惜しまないのも大事な作業と言えるでしょう。

今回素材として使わせていただいた作品

非実在少女しずむちゃんSweetS
鈴木フルーツ (著)
価格:250円
評価:最初のレビューをお待ちしています

世界に翻弄されまくる少女のシュールギャグ4コマふたたび!非実在系ファンタジックポエトリー4コマの続編です。(……)5編が織りなす不思議時空で、しずむちゃんは何を思う? 新キャラ登場で前作以上に混沌極まるナチュラル合法ガールの恋の行く末を見届けて!

Amazon.co.jpで詳細を見る


この記事を書いた人

急急如律令(キュウキュウニョリツリョ) Twitter @99nyorituryo
30代。大阪出身で電気工学部を出ております。kindleでは電気の本が少なくて寂しいので電気の読み物でも書こうかなと思っております。主に科学や小説などの本を読んでいます。ePub規格の勉強して、新しいkindleの楽しみ方を提案出来ればと思います。分かる範囲でしたら、ePubについて答えます。

急急如律令さんのKindle本

縦書き電子書籍の作り方
急急如律令 (著)
価格:期間限定無料
評価:最初のレビューをお待ちしています

表紙、目次、EPUB3、挿絵、AozoraEpub3の使い方、青空文庫形式、簡易青空文庫形式を使ったEpub3の書き方について書いています。

Amazon.co.jpで詳細を見る


きんどるどうでしょうでは、Kindle本をリリースされた方、もしくはいつか出版したい方からのゲストポストを募集しております。個人・商業問わずKindleについて一言言いたい!という方はゲストポスト募集要項を確認の上ご連絡ください。

[スポンサーリンク]

Follow Me!!

更新通知を受け取る

image/svg+xml ブラウザでプッシュ通知
  • 新着記事
  • セール関連記事
  • 人気記事