Amazon関連オーディオブックサービス『Audible(オーディブル)』無料体験ユーザー紹介で1件4000円の大盤振る舞いスタート

Amazon傘下のボイスブック、いわゆる朗読かな耳で聴く読書サービス『Audible(オーディブル)』で「無料体験を紹介してユーザーを1名獲得すると4000円あげるよ」という大盤振る舞いをスタートしているのでご紹介。

Amazonって『プライム会員』『KindleUnlimited』『MusicUnlimited』『AmazonStudent』『Amazonファミリー』などいわゆる有料会員サービスを紹介するとお一人500円(Studentは1000円)というインセンティブプログラムを実施してはいるのですが、一気に8倍という数字を提示してきました。

……なので、もしかすると今後ニュースサイトやまとめサイト、ブロガーさんが『Audible(オーディブル)いいぞ、オーディオブックキテる!』的な記事が多数でてくるかもしれませんね。きんどうユーザーにはこういう裏があるよーということを知っておいてもらえれば。4000円、嬉しい金額ですがちょっと高すぎるんじゃねぇかなとも。

耳で聴く読書『Audible』の無料体験は以下ページから参加できます。『オーバーロード』『幼女戦記』などの朗読版が無料体験で”1冊だけ”聴くことができますよ。

本を聴こう『Audible』無料体験

うちもAudibleに関してはこれまでハリーポッターや銀英伝、このすば!の朗読版配信や無料体験で500ポイントプレゼントなどなんやかんやとニュースは取り上げてきましたが、Amazon傘下とはいえAmazon内にはないので基本遠目に見ていたサービスです。

ただ、このAudibleこれまでは定額聴き放題サービスだったのですが今年8月28日よりKindle本と同じように買い切りモデルに移行しているようで、なりふり構ってられないのかもしれませんなぁ。

EchoやAlexaでKindleの朗読はできますが、より本格的な朗読となればこちらのほうが優れていますしスマートスピーカー市場が育つならキラーコンテンツになるかもしれないのですがサブスクリプションモデル、いわゆる見放題・聴き放題サービス全盛のなかで追加コンテンツが1件3000円近くもするサービスの今後の展開が気になります。

プレスリリース Audibleが新たなサービスモデルへ移行。日本最大級のボイスブックサービスへ。

耳で聴く読書『Audible』について

ざっくり言うと
・スマートフォン、パソコン、タブレットで聴ける朗読サービス
・これまで定額聴き放題だったけれど都度課金モデルに
・月額1500円の会員になると1冊と交換できる1コインを毎月もらえる+各作品を30%OFFで買える
・『幼女戦記』『このすば!』『オーバーロード』などカドカワラノベも多数

サービスの詳細についてはAmazon特設サイトもしくはAudibleトップ

これまでAudibleは、日本において会員限定の定額制「聴き放題」サービスを展開しておりましたが、2018年8月28日より会員プランは「コイン制」へと移行し、会員以外の方もタイトルの単品購入が可能となります。また、会員の方は追加料金なしで “Audible Station(オーディブル・ステーション)”もお楽しみいただけるようになります。“Audible Station”はビジネスブック、落語、瞑想、英語ニュース記事といった気軽に聴けるコンテンツのコレクションを会員なら追加料金なしで聞くことができるサービスです。目玉として、伊集院静と阿川佐和子を番組のホストに据え、ビートたけし、大沢在昌、桐野夏生、北方謙三、花村萬月、桜木紫乃、角田光代、といった有名作家をゲストに迎えてお送りする鼎談(毎月更新予定)をAudible Stationで聴くことが可能となります。

サービス無料体験するか否かの参考までに。主な作品カテゴリー

Amazonアソシエイトユーザーさんはこの機会に是非

友人3人に参加してもらうだけで1万2千円と破格をゲットですからなぁ。一応公式でバナーなども用意されているので気になる方はお小遣い稼ぎに是非。

Amazonアソシエイト:「Audible」メンバー紹介プログラムについて

[スポンサーリンク]

LINEで速報をお届けします

返品はAmazonカスタマーサービスへ

Follow Me!!

更新通知を受け取る

  • 新着記事
  • セール
  • 人気