【本宣】『日本国召喚』日本が丸ごと異世界転移!?

こんにちは、きんどるどうでしょうです。出版関係者・クリエイターご本人から作品紹介をいただく番組宣伝ならぬ【本宣】。今回は本日17日に第2巻がKindle配信される異世界召喚戦記ノベル『日本国召喚』の第1巻の見所を編集者の方よりオススメをいただきました。

本作の注目ポイントは召喚対象が高校生でも勇者でもない『日本』という国そのものというスケール感。新興ラノベレーベル「ぽにきゃんBOOKS」で最速の重版記録を叩き出したそうですよ。作者のみのろうさんはこちらがデビュー作かな? 小説家になろうで連載中のようです。キャラクターデザインは『まおゆう魔王勇者』でおなじみtoi8さんと人気イラストレーターをジョインとレーベルとして気合をいれた作品のようです。

第2巻発売記念、日本が丸ごと異世界転移ノベル『日本国召喚』ご紹介

初めまして。編集プロダクション、スタジオ・ハードデラックスの高松と申します。今回はぽにきゃんBOOKSから発売中のライトノベル『日本国召喚』をご紹介します。

第4回ネット小説大賞で受賞し、書籍化した作品です。  小説家になろう原作掲載ページ

本作では、自衛隊の在り方を現実と同様、専守防衛のスタンスで描きます。ただし異世界では助けてくれる国がありませんので、法解釈に若干の融通が利くようになっています。「こんな自衛隊が見たかった」と思うこと間違いありません。

日本国召喚 一 導かれし太陽 (ぽにきゃんBOOKS)

みのろう (著), toi8 (イラスト)
価格:1,080円

異世界の竜騎士は、自国の領空を侵犯する不思議な飛行物体を発見する。 白地に赤丸の描かれた「それ」は、竜騎士の操るワイバーンよりも速く、そして高く飛べるため、 迎撃することが出来ない。 その飛行物体は、突然異世界に飛ばされ、混乱の極みにあった日本国の航空機だった(……)覇権国家の乱立する異世界の歴史の荒波に日本は飲み込まれていく。これは、異世界で生き抜こうとする日本国の物語である。

主人公は日本国そのもの。敵は『常識』。

みのろうさんが描く『日本国召喚』は、流行の異世界モノではありますが、一味違います。異世界側の視点を中心に話が展開する架空戦記で、なんと本作には主人公が存在しません。強いて言えば、「日本国」そのものが主人公です。

舞台は、一周10万kmにも及ぶ巨大惑星。食料自給率もエネルギー自給率も低い日本は、海外からの輸入に頼っていましたから、大変な危機に瀕します。幸い、日本の近くには農業立国の『クワ・トイネ公国』、地下資源が豊富な『クイラ王国』があり、その2国と国交締結に成功するところから物語は始まります

クワ・トイネ公国、クイラ王国の隣国には『ロウリア王国』という覇権主義国家があり、長年温めていた侵略戦争を開始します。せっかく食糧難、エネルギー難を脱したと思ったら、再び大ピンチになる日本。

侵攻を開始したロウリア王国は、クワ・トイネ公国の町『ギム』の住人を虐殺してしまいます。これが、日本に「一方的虐殺からクワ・トイネ公国を救う」という大義名分を与えることに。ロウリア王国軍を『武装勢力』と位置付け、法を拡大解釈して自衛隊の派遣を決定します。

日本は現代世界で成熟した法体系を持っていますから、武力への対抗策に身動きがとりづらいわけです。どうすれば自衛隊を派遣できるか、そうした政治的駆け引きも裏に隠されています。

陸海空すべての自衛隊が活躍する!

異世界のファンタジーな生物が軍事力として運用されている、というのは、ファンタジー作品で一般的にみられるものと思いますが、これに地球の近代的な運用思想をミキシングした、比較的理解しやすい戦闘描写が売りです。列強国だけが有する、ワイバーンを搭載できる『竜母(飛行型竜種搭載航空母艦)』を、空母機動艦隊として運用する様は、胸が熱くなります。対する自衛隊はどの装備を使って、どのように無力化していくのかも見どころ。

ファンタジーと自衛隊が融合する作品といえば、巨頭『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』(アルファポリス)がありますが、陸上自衛隊の活躍が主ですよね。

欲張りな著者・みのろうさんは、全自衛隊が活躍するシーンを描きたくて本作の執筆を開始されました。しかも自衛隊だけでなく、海上保安庁が活躍するシーンもあります!

登場する国々の文明の度合いは、地球でいうところの中世から近世、一次大戦時、二次大戦時と様々。日本と友好を築きたい国、よく理解せずに排除しようとする国、情勢を利用しようと企む国など、それぞれカラーが違います。

紛争回避のための外交レベルでの日本らしい駆け引きや、局地戦から主導権を握り、世界のスターダムに駆け上がっていく展開はワクワクします。

多数のキャラクター、多彩な兵器が登場するのも魅力!

イラストには『まおゆう魔王勇者』『No.6』のtoi8さんを迎え、第2巻『滅びゆく栄光・上』からは『ARMS NOTE』『天と地と姫と 織田信奈の野望 全国版』の深井涼介さんも加わります。キャラクターデザイン・イラストをtoi8さんに、兵器デザイン・イラストを深井さんに担当していただき、万全の体制で臨みます

最新2巻は8月17日配信スタート

日本国召喚 二 滅びゆく栄光・上

みのろう (著), toi8 (イラスト)
価格:1,080円

異世界の竜騎士は、自国の領空を侵犯する不思議な飛行物体を発見する。白地に赤丸の描かれた「それ」は、竜騎士の操るワイバーンよりも速く、そして高く飛べるため、迎撃することが出来ない(……)一生懸命外交を行う。 しかし、覇権国家の乱立する異世界の歴史の荒波に日本は飲み込まれていく。 これは、異世界で生き抜こうとする日本国の物語である。

本作の書籍化にあたり、大幅な加筆修正、そして徹底的な文章の改修を施しました。さらに用語集や地図の掲載、章末に大まかな流れをまとめるなど、なるべく読みやすいようにアイディアを詰め込んでいます。

第1巻はぽにきゃんBOOKS史上最速の重版を記録し、自衛隊作品としても大変注目を集めました。現在、第3巻となる『滅びゆく栄光・下』を絶賛制作中です。ぜひこの機会に読んでいただけると嬉しいです。

『日本国召喚』公式プロフィール/関連リンク

公式URL:http://www.ponicanbooks.jp/book/1674/
公式Twitter:https://twitter.com/jp_summons
著者URL:http://mokotyama.sblo.jp/
toi8さんTwitter:https://twitter.com/toi81008
深井涼介さんURL:https://www.pixiv.net/member.php?id=43177

注意事項:Kindle本の価格は随時変更されています。また、本サイトでは購入された書籍や内容についての責任は持てません。ご購入の前にAmazon上の価格・内容をよく確認してください。良い価格で良い本を。きんどるどうでしょうでした。

[スポンサーリンク]

Follow Me!!

更新通知を受け取る

image/svg+xml ブラウザでプッシュ通知
  • 新着記事
  • セール関連記事
  • 人気記事

まだデータがありません。