『Fire TV Stick』がリニューアル 最大30%高速化して音声認識リモコンを標準装備


こんばんは、きんどるどうでしょうです。フォロワーさんから教えて頂きました! ご自宅のTVなどにぶっ刺してAmazonビデオが楽しめるデバイス『 Fire TV Stick』がリニューアルされるそうなのでご紹介。(発売が明日6日迫りましたので4月5日再アップ)

米国では昨年10月頃に本モデルが発売し日本未対応の音声認識システムALEXAなどで話題になりましたが、日本版では単純に『Wi-Fi・CPUがさらにパワフル』になったそうです。公式の案内曰くは

”クアッドコアプロセッサと専用のGPUを搭載、802.11ac対応のデュアルバンドWi-Fi、しかもChromecastの2倍のメモリ*で素早く滑らかな動作を実現”と、さりげなく競合をdisってて素敵ですねぇ。

FireTV StickをつかうとAmazonビデオ以外にJリーグ全試合が見られると話題の『DAZN(だぞーん)』やすべて無料の『AbemaTV』も自宅のTVで楽しめるようになります。

とはいえ、AmazonビデオはPS3,4やWiiUなどゲーム機のアプリで視れますし第2世代にすることで特に画質の向上とかはないようなんで、すでにお持ちの方は速度に不満がなければ買い替えは必要ないんじゃないかなぁ。

気になる方は2015年発売の第1世代をレビューしていますので参考までに是非。

22日追記:Amazonが正式なプレスリリースをだしました。​新世代 Amazon Fire TV Stick、音声認識リモコンを標準で付属して新発売 注目は"最大30%高速化"と"音声認識リモコンを標準装備"ですね。

[blogcard url="https://kindou.info/55072.html"]

[スポンサーリンク]

Follow Me!!

更新通知を受け取る

image/svg+xml ブラウザでプッシュ通知
  • 新着記事
  • セール関連記事
  • 人気記事