自作品をアダルトカテゴリー にいれられた際の解決方法

こんにちわ、きんどるどうでしょうです。

皆さんは「残念な聖戦」という本はご存知でしょうか。Kindleがリリースされた直後にKDPで公開され内容はアダルトじゃないのに、ずーっとアダルトカテゴリーで販売されてしまった不遇の傑作小説です。

今回、いかにAmazonと交渉し、カテゴリー変更に成功したかを著者である代々木犬助との氏メール(ツイッター)で行なったインタビュー内容を記事に書き起こしました。
アダルトからの脱出はKDPでは初、少なくともノウハウがこうしてウェブに出るのは初でしょう。もし、同様のことでお困りの方は参考にして欲しい。それでは、代々木犬助氏の軌跡をご紹介しよう

代々木犬助「私がアダルトカテゴリーから脱出するまでにやったこと」

はじめまして、代々木犬助です。Kindleストアでオリジナルの小説を3冊公開しています。今回、私が書いた「残念な聖戦」がAmazonの勘違いでアダルトカテゴリーいりをされ、そこからいかに正しいカテゴリーに移して貰えたかをお話します。

アダルトカテゴリーは苦労します

2012年11月3日拙著『残念な聖戦』をリリースしたら、自動的にアダルトカテゴリと判断されました。とにかく中身はアダルトとは関係ない普通の小説なのに…これはとんでもないことになったと焦りました。

アダルトカテゴリにされて困った6つのこと
1)検索結果ページに、本のタイトルは出るが書影が出ない
2)場合によっては、検索結果に出ないことすらある(これが一番困った!)
3)ベストセラー商品ランキングに表示されない(アダルトランキングにしか表示されず、正しいランキングの恩恵を受けられない)
4)「この商品を買った人はこんな商品も買っています」で書影が出ない(レコメンドされない!)
5)年齢認証のクッションページが入る(そこで脱落する人もいるだろう!)
6)著者セントラルなどの一覧で書影が出ない(自分の作品なのに!)
これら、普通の小説を販売するにはとんでもないデメリットを背負い込むことになりました。

1.Amazonに問い合わせてみた

まずは、カスタマーサポートからAmazonに連絡です。
出版した本がアダルトカテゴリに分類されてしまいました。機械的なキーワードの判断で、それに類する言葉が自動的に判断されたのかもしれませんが、内容的にはいたって普通の小説です。ポルノではありません。ぜひ、見直しをお願いします。
通常、これで解決するでしょう。
Amazonからの回答
審査の基準については私どもではお答えできませんので、担当部署に確認しております。ご不明な点がございましたら、いつでもご遠慮なくお問い合わせください
なんと、詳しいことは教えてくれないのだが対応はしてくれるようだ。だがその後、Amazonからの返信は全くなかった。

2.内容に問題が無いなら表紙を確認しよう

残念な聖戦当初の表紙

こちらが元々の表紙。おそらく表紙にある男性器が問題だろうと推測されました。アートなイラストであっても、男性器は男性器!

表紙を新しくしてみた

というわけで表紙を右記のように変更。同様なアートな作品ですが、今回性器の表現はありません

3.Amazonへ再度問い合わせ

下記のように問合せました。
以前お問い合わせしたときは、その理由を明確にはしていただけなかったのですが、表紙が問題だったのではないかと推察し、今回、表紙を作りかえました。前回は、男性の裸体がイラストで入っていましたが、今回はそれを作りかえました。

無事、今回は回答が来ました!

「審査の結果、検索時の制限を解除しましたので、上記の本は24時間以内に、通常の検索結果にも表示されるようになります。この度は、ご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。一時的に検索時の制限を適用させていただいておりましたため、ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。」

ありがとうAmazon! でも、数日経っても一向にノーマルにならない

4.じゃあ、どうせなら版をあらためファイルを作りなおして再申請してみよう。

第3版にすることで、申請が通ってちゃんとノーマルカテゴリにもなりました!
「残念な聖戦」第三版
http://www.amazon.co.jp/dp/B00A3EXJP6 書籍詳細 著者:代々木 犬助
評価:★★★★☆,6件のレビュー
価格:300円

第三版のアップデート内容

・「エピグラフ」(作品世界を暗示する冒頭の詩)を新たに追加しました
・「第三章 レベリング湯川」の闘牌シーンを画像にしました
・いしたにまさき氏による「解説」を追加しました
・「第三版のためのあとがき」を追加しました

[スポンサーリンク]

Follow Me!!

更新通知を受け取る

image/svg+xml ブラウザでプッシュ通知
  • 新着記事
  • セール関連記事
  • 人気記事