第1位 グラハム・ハンコック 神々の指紋 上下巻 (6月25日付新刊ランキング)

1606265

こんにちは、きんどるどうでしょうです。今週のKindle新刊2,410冊(期間:6月19〜25日 集計:26日16時)からきんどうの売れ筋作品をご案内。

今週の第1位はブッチギリですね。20年前のベストセラーを電子復刊記念で各11円セール実施中の グラハム・ハンコック『神々の指紋 上下巻』が合計1,990冊でています。このうち何冊が読まれるのかしら。

第2位は3年ぶりの新刊となる三浦建太郎『ベルセルク』38巻が58冊。あわせて電子化停止していた35〜37巻も各10冊以上でていましたのでまとめておきました。第3位は1巻100%OFFセールだった芝村裕吏原作小説のコミカライズ「マージナル・オペレーション」第6巻が52冊

1位が圧倒的でしたが(これを新刊というのには疑問もありますが)、終了したコミックまとめ買いなどセールが強力だったせいかそこまで新刊伸びなかったですね。10冊以上は13作品ありました。それではきんどう今週の新刊ベストセラーをどうぞ。

6月19〜25日発売新刊本一覧

[スポンサーリンク]

【10冊以上】今週のきんどう売れ筋Kindle本

神々の指紋 上下巻 - 計 1,990冊

グラハム・ハンコック (著), 大地 舜 (著)
価格:11円 7月21日まで限定価格

一五一三年に描かれたという奇妙な地図。そこには一八一八年にはじめて発見された南極大陸の姿が詳細に描かれていた(……)人類文明の発祥の謎を解き明かす驚愕の新事実が徐々に明らかになる。本書の中で語られる驚くべき発見の数々は、知的革命とも呼べるものだ。これらの発見と大胆な地球規模の推論は、我々の過去、つまり人類の古代史に対する認識を、劇的に変えるものである。

ベルセルク 38 - 58冊

三浦建太郎 (著)
価格:626円

変貌を遂げた世界で、安全な土地を求め旅に出たリッケルトとエリカは魔物に襲撃されたところを新生鷹の団に救われた!導かれるがままに辿り着いたのは白き鷹グリフィスが君臨する都ファルコニアだった。グリフィスと鷹の団への複雑な想いを胸に秘めたリッケルトは…。一方、海神の危機を脱したガッツ一行はキャスカの身の安全と、精神の回復の望みをかけパックの故郷、妖精島へ向うのだった。

マージナル・オペレーション(6) - 52冊

芝村裕吏 (著), キムラダイスケ (著)
価格:540円
★★★★★ 2件のレビュー

いまや世界の軍事関係者で知らぬものはないフリーランスの庸兵指揮官「子供使い」。もとニートの日本人青年・新田良太(通称アラタ)は、はずみで入社した軍事企業の赴任先、中央アジアで未来のない少年兵たちと出会った。子供たちを救うためとはいえ戦場で戦わせるという矛盾をかかえつつ生きる道を模索するアラタの次の舞台はタイ。スラムの子供たちを食い物にする悪徳業者を倒せ!

ベルセルク 35〜37 - 計46冊

三浦建太郎 (著)
価格:626円

孤島を破壊しながら現れた「海神」の本体内部に、ガッツは光体化したシールケと潜り込んだ! ところが海神の内部では、怪魚が群れを成し、巨大な心臓からは聞く者を狂わせる音波を発してガッツたちを攻撃するだった。同じ頃、イスマの仲間である人魚たちが海神の周りに集結した。永きにわたる人魚と海神の戦いに決着をつけようと動き出したのだった。危機一髪の瀬戸際にあるガッツとシールケは果たして…。特別編としてガッツが鷹の団入団以前のエピソードを収録。

げんしけん(20) - 35冊

木尾士目 (著)
価格:540円
★★★*☆ 17件のレビュー

朽木(くちき)の卒業旅行に出かけた現視研ご一行。朽木のことはほっといて、斑目(まだらめ)に想いを寄せる現視研メンバーの中から一人を選ぶ「デートイベント」は佳境へ! 二人きりになるのは斑目とハーレムメンバーだけじゃない。矢島(やじま)は波戸(はと)に対しての本音をついにぶつける! そして、いよいよ斑目が選ぶ相手は誰になるのか!? 毎度おなじみ、単行本でしか読めない各話のその後を描いた4コマなど、描き下ろしのおまけページも大量に収録!!

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(6) - 32冊

草水敏 (著), 恵三朗 (著)
価格:540円

長瀬智也主演で大反響を巻き起こしたドラマ『フラジャイル』。その原作漫画の最新刊。主人公の岸は病理医。病理医とは、直接患者と会うことなく病気の原因を調べ、診断を下す医者だ。同僚の医師らは彼について、こう語る。「強烈な変人だが、極めて優秀だ」と。右心不全で苦しむ患者・茅原。なぜ心不全になったかの原因を見つけられず、患者は危険な状態に……。


次頁では稲光伸二の美少女バトル「性食鬼 8」や、先日の既刊半額セールが人気だった水あさと「デンキ街の本屋さん 12」、細音啓のライトノベル「世界の終わりの世界録<アンコール>7」、森博嗣Wシリーズ最新3巻「風は青海を渡るのか?」などを載せています。

【続き】その他キャンペーン作品はこちら

[スポンサーリンク]

Follow Me!!

更新通知を受け取る

image/svg+xml ブラウザでプッシュ通知
  • 新着記事
  • セール関連記事
  • 人気記事