Kindleで儲ける最悪のアイデア!画像転載とフリー素材で作る美少女写真集

こんにちは、きんどるどうでしょうです。今回の記事は「憶測を含みます」「犯罪を勧めるモノではありません」「Amazonの審査体制に対する疑問」を目的としています。著作権侵害は懲役10年以下、または1,000万円以下の罰金と、麻薬よりも罪が重いことをご理解の上、読み進めてください。

はい、前置きは済んだところで今回はKindleで稼ぐ最悪のアイデア!としてKindle無料ランキングでほぼ毎日上位にランクインしている海外のフリー素材、もしくは画像転載を利用したと思われる写真集について掘り下げます。Kindleはあまり審査をしないので、やろうと思えば誰でも販売できますよ。

Amazon側としては作者から「わたしに著作権あります」と言い張られると止められないですし、むしろ検閲されるのは困るわけですが、12月15〜21日はmixi,ガンホー公式と偽った本が普通に販売するなど、日本最大の電子書籍ストアであり個人電子出版の最大手がこのままなのもどうかなぁと思う次第です。

そんなわけで、親告罪の著作権だからやろうと思えば出来る最悪のアイデアというかのさばってる事例についてご紹介します。ただし、TPPで著作権法改正されて非親告罪になると一発アウトなのでご注意ください。

画像転載とフリー素材で作る美少女写真集という最悪のアイデア

Kindle本のまとめサイトを初めて早3年。これまで、有料・無料問わず結構な冊数のフリー素材写真集がKindleストアに配信されてきました。基本的にヒドイ問題があるもの以外は、ただのアフィリエイターがとやかく言う立場に無いので無視をしてきたんですよね。いつかAmazonに自浄作用はたらくんじゃないかなぁと。

でも、昨日問題にしたmixi,ガンホーを偽ったコンテンツは1週間放置されてましたし……2015年がもうすぐ終わるということで、今のうち膿をだしきってもらいたいなぁと、著作権侵害の恐れがある転載画像本作成集団・もしくは個人について取り上げます。(ググれば誰がやってるか出てくるんですけどね。)

バレなきゃ訴えられない!元手ゼロで稼ぐ、画像転載写真集というアイデア

電子書籍を販売している、個人グループ”Japan Direct Publishing Guild”は、約240冊ほどの美少女写真集や、”2020年東京オリンピック最終プレゼンテーション”の全転載本などを配信しています。このうち多数の作品の表紙画像をGoogle画像検索かけると中国の素材サイトやネットのどこかに画像が転載されてるんですよね。

もしかすれば、彼らが著作権を持っている作品が無断転載されているという被害者の可能性もあるのですが、例えば下記の作品。

超絶綺麗な子だけのコスプレ写真集

Platinum Publishing (著), Japan Direct Publishing Guild (編集)
価格:99円
★★*☆☆ 4件のレビュー

2009年時点で、アメリカの掲示板に転載されてるんですよね。 animegen
Google画像検索だとこういう結果になりますし JPG 初音 真人

付け加えるとすると、この本、仮に被写体の許諾があったとしても(肖像権)、写真を撮った人の許諾をとっていたとしても、初音ミクの権利者であるクリプトン・フューチャー・メディアの許諾を得ていない可能性が高いと思います。詳しくはピアプロ・キャラクター・ライセンス*をご覧いただきたいのですが、Kindleでの販売ってことは完全に営利目的ですよね。非営利だとしても有償の場合は「会場費程度の支出を補うために必要最小限の対価を受け取って行う小規模のイベントまたはサービス」じゃなきゃダメ。コスプレまではセーフ。

一応、10作品ほど表紙と中のサンプルを検索すると他の写真も同様で、多数の他サイトでの転載が引っかかったり、商用不可フリー素材サイトなんかが見つかるんですよね。もしかすると、ホントに全部、上記の初音ミクコスプレの事例も含めて著作権をオールクリアしている写真集で、今回の記事が大変ヒドイ言いがかりの可能性もありますが……

しかし、本の最後には”本書はクリエイティブ・コモンズ、パブリックドメインの画像や、著作権者の許可を得た画像のみを掲載しています。万が一、著作権上問題のある画像が掲載されている場合、恐れ入りますが下記までご連絡くださいますようお願いします。早急に削除いたします。”なんて堂々と書いてますし、多少はなんかマズイって認識がありそうですね。

著作権侵害のフリー素材を意図的に使っての商売は違法です

最近の裁判で、著作権フリーの素材と思い利用していても実際は著作権侵害だったということで罰金を請求されたという事例があります。 東京地裁平成27年4月15日判決平成26(ワ)24391号損害賠償請求事件 詳しい解説はコチラのブログがわかりやすいです。

著作権フリーの写真だと思って使用したら20万円の損害賠償になった実例 STORIA

Japan Direct Publishing Guildの場合は、文末に一文がある通り意図的にやっているようですし、冊数が冊数でしょ。また、これまで何作か「著作権侵害のおそれがある」というレビューがついて削除されたことがありましたので、恐ろしく怪しい。本格的に問題にするためには著作権者が名乗りでる必要がありますが、日本人がモデルではない作品だと可能性がグッと減りますから、懲役や罰金を覚悟してのビジネスなんじゃないかな

それよりも、著作権侵害のある作品を何度も配信して違反した作者の活動を約240冊もいまだ認めているAmazonどうなんだとと。これ、たぶんスラムダンクをスキャンしてわたしの作品ですと言い張ったらもしかしたらAmazon通しちゃうかもしれないんですよね。パズドラもモンストも通しちゃったくらいですし、集英社にバレたら大変な目に合うと思いますが、バレないままサッと逃げてしまえば逃げ得ができそうです。

元手ゼロで作った美少女写真集で儲ける方法

さて、まあ、けなすばかりではなんなので、本作品から学べる儲ける方法論を述べますね。普通にちゃんと作ったコンテンツで使って欲しい方法ですが……

1.(なんやかんやして)写真集をつくる。できれば大量生産する
2.無料キャンペーンを同一タイミングで一斉に実施する
3.一部作品でもランキング上位に食い込ませて「この本を買っている人は」「この本をチェックした人は」に関連商品を大量に載せて一気に引き上げる
4.無料キャンペーン終了後は低価格にして高順位をキープしてレビューを集める
5.好意的なレビューが集まったら値段をあげて利益を狙う

冒頭にも書きましたが、著作権侵害は懲役10年もしくは1000万円以下の罰金です。ただ、著作権者から訴えられない限り日本では問題になりません。なので、海外に著作権がある作品を適当にパクってきて写真集を出してKindleで売るというのは元でゼロで稼げる楽な商売です。Kindleがこういう状況を許容し続けるのは健全じゃないよなぁと……。かなり心配しています。

この記事のゴールとしては、できればもっとチカラのあるメディアさんなんかが本件をググッと掘り下げて問題にしてKindleストアに多少の自浄作用が働くようになればなぁと期待する次第です。すべての不正、トレースや内容のパクリなんて止めることはできんのですが……せめて、mixiやガンホー公式を偽ったものくらいは止めて欲しいです。

おわりに、Kindle電子書籍市場についての私見

おおよそ、国内電子書籍市場の最大手はKindleだと思うんですよ。個人が使える電子書籍制作サービスもKoboやBWインディーズ、昨日ブックオフに買収されたパブーなど色々ありますが、やはりKindleの個人出版が一番可能性があると思うんですよね。

そうした中で、今個人や小規模グループで電子化されている作品は、創作文芸板や漫画もしくは実用書などの作品よりもセミナー案内や謎の健康法、スピリチュアルに宗教など……もう、かなり香ばしい過去7日以内に配信されたデジタル先行作品

Amazonは別に日本の電子書籍文化の担い手ではなく、ただの大きなストアなんで、彼らに責任があるわけじゃなく利用者のモラルが一番問題。別にスピリチュアルが悪いとかいうわけでもないんですが、明らかに怪しい・問題がある作品をノーチェックで許容し続ける度量の深さはどうなんだと。やはりおかしいんじゃないかなぁと。苦々しく思う次第。でも「医者に頼らずガンを治す」とか、そういう本を公式日替わりセールにしちゃうセンスだからなぁ……

日本でほぼ唯一、AmazonKindleに寄生して生きてるので、日本の電子書籍市場が根腐れする前にKindle4年目にあたってもうちょっとこうビシッとした運営をしてもらえんかなぁと。海外では電子書籍を牽引しているのは個人出版作品ですが、ちょっとKindleは羽ばたく前に闇を抱えすぎてる可能性がある気がしますね。

個人・プロ、電子書籍に興味ある方に知ってほしい著作権がわかる本

クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本

鷹野 凌 (著)
価格:1,147円
★★★☆☆ 11件のレビュー

クリエイターが創作活動するうえで、知らないと損する著作権をはじめとする法律や知識、ノウハウが盛りだくさん! 「何が良くてダメなのか」「どうやって自分の身を守ればいいのか」「権利や法律って難しい」「著作権ってよくわからない」「そもそも著作権って何?」といった疑問に会話形式の堅苦しくない読み物でお答えします!

Follow Me!!

更新通知を受け取る

image/svg+xml ブラウザでプッシュ通知
  • 新着記事
  • セール関連記事
  • 人気記事