廃課金者飲み会2 沼が深すぎる編

1407212

こんにちは、きんどるどうでしょうです。6月の池袋に続き、7月19日(土)に今度は大阪でKindleで100冊以上を購入している(無料本含む)ユーザー12人で集まって飲み会をしたので感じたことや、学んだことを共有します。

きんどうのイベントとしては初めての関西でしたが、読了率60%程度でどよめきが上がるくらいKindleは『積む』のが基本なのは変わらないようです。参加者の最大所持数は1,400冊強でした。わたしは大量整理したので1,600 → 1350までダウンしています。

レンジ的には100〜400くらいが一般的かしら? レンズ沼ならぬ、Kindle沼に溺れたユーザーの感想やマニアックなコレクション活用方法など新しいネタを仕入れてきましたよ。

Kindle廃課金者飲み会2 Kindle沼が深すぎる編

第1回Kindle廃課金者飲み会では『理系男子率高すぎるんじゃよ』とボヤいたためか、なんと女子が前回の倍の2名も参加してくれましたッ!。ボヤいてみるものですね。ただ、全体的に理系男子的なノリは変わらず。スタイリッシュモテイベントへの道が険しすぎる。

さて、今回も参加者のほとんどがほぼ初対面で微妙な空気からスタートしたオフ会でしたが『冊数』『読書傾向』『Kindleの深みにハマった出来事』『可読率』なんかを自己紹介してもらうことで、かなり打ち解けることができました。

「懐かしいコミックが1巻100円で、気づいたら10巻まで買ってた。」
「ジョジョが、ジョジョが悪い」
「寝る前にポチッとやると続きが読めてしまって寝れない」
「紙本を処分してKindleに統一したら引っ越しが楽になった」
「スマホオンリーから専用端末を買ってしまったら深みにハマった」
「DMMと使い分けています」
「無料コミックが増え続けて困る」

等々のエピソードが共感を生んでいましたね。

特に前回もそうだったんですが、無料コミックがかなり続刊購入やKindle利用を加速させる契機になっているようです。最近乱発しすぎなんじゃないかと危惧していましたが、やはりKindleにとって有効な戦略のようですね。

そんなセールに釣られるヌマー!!

400冊強の方の「6割程度は読んでいます」という自己紹介に尊敬の空気ができるほど、みなさん買ってはみたものの……というのが実際のところみたいですねえ。セールまで買うのを我慢すると決めても、最近は3週間に一度くらいのペースで大規模セールがやっていますし、一度加速がついた課金は歯止めが効かないようです。

そんなわけで、自然と話題になったのは読書管理の方法について。未読や既読の分け方や途中まで買った本をどう扱うか等々。

わたしはまったく管理せずにとりあえず積む派なんで役に立てないんですが、コレクションをフル活用している方は本当にマニアックな運用をしていますね。特に今回スゴイコレクションはこちら!

読了回数で分類したKindleFireHDX7

1407212a

この発想は無かった。まさかの読了回数で分類。【0回】が大量に並ぶ中でブラックボックス化された【7回】が気になるところですね。

コレクション名に数字+漢字で並び順を微調整したPaperWhite

1407212b

コレクションが数字+アルファベットのみだとキレイに並ばないということで漢字一文字を加えて整列させたという几帳面さ。自炊本やWebのクリップ、自作のオーディオブックほか辞書までも分類。次ページ以降は100番代で著者名が並んでいました。

Kindleのコレクションはクラウドで同期するとはいえ、端末でしか操作できないので大変な労力がかかっていそうですね。いやはや、マニアック。

今回はKDP作家(プロ含む)が5名も参加

前回と違って、KDP作家の方も参加していたため話題の中には売り方や実売数の話。また、米国でスタートしたばかりの読み放題サービス「Kindle Unlimited」なんかも話題になりました。

翻訳をして英語版のリリースを進めている方や、すでに実施した方。以外に売れているけれど、収益としては微妙過ぎるという生々しい話が色々と。

結局のところは「表紙を頑張る以外、どうやったら売れるのかサッパリわかりません」という結論しかでてこないですねぇ。タイトルや内容紹介、潜在顧客の動線など考えることはたくさんありますが、とにかく手にとってもらうという意味では表紙が一番ウェイトが大きいですからなあ。

今後はこの飲み会と絡めて地方でのKDP情報交換もしていければいいかもしれないですね。(ただ、自費出版ビジネス系とか絡んでくるとメンドクサイんだよなあ)

おわりに 参加者の方のオフ会レポート

かくれんぼ戦略 - Kindle廃課金者オフ会in梅田、あなたの戦闘力は何百冊? http://tolitorey.com/archives/5421
Standing on the Shoulder of Linus - Kindle廃課金者飲み会in梅田に参加しました。 http://ounziw.com/2014/07/20/kindle-user-umeda/

Twitterではやりとりしている方が参加されているとはいえ、初対面の方々ばかりを集めての飲み会は緊張しますね。基本幹事らしいことは何もしないので参加者の方々の自主性には大変助けていただきました。中には福岡、名古屋からお越しになった方もいらしたので、期待に応えていけるようにより洗練されたイベントにしていきたいですね。

KDP作家さんらにあって「創作活動のやる気に火がついた!」という方や、Kindle端末を触ってみたことで「やっぱりPaperWhiteほしぃ……」と深みを目指す方、今後のうちの展開を気にされている方など、実際に会って話してみると刺激しあって本当に面白いですね。

[スポンサーリンク]

Follow Me!!

更新通知を受け取る

image/svg+xml ブラウザでプッシュ通知
  • 新着記事
  • セール関連記事
  • 人気記事

まだデータがありません。