鈴木小波「ホクサイとめし」が面白いッ!締め切り無視して海苔を刻む!全裸でかつ節を削る!

14012231b

こんにちは、きんどるどうでしょうです。角川セールで凄まじい冊数を売っているのですが、中でも鈴木小波さんの「ホクサイとめし」が売れまくっていますので応援フェアを実施します。女マンガ家が全力で飯をつくるというインドア系グルメ漫画。その他の紹介ブログや読んだ方からも「面白かった!」という声多数なんで是非どうぞ。

気の毒なグルメ漫画「ホクサイとめし」が幸福に空腹を満たしすぎる!きんどうの角川セールでベストセラー1位!

グルメ漫画といえばダメな新聞記者が味覚の天才だったり、孤独な輸入雑貨屋やだったり天才料理人だったりと主人公は様々だが本作は貧乏な女マンガ家、しかも少々痛いお嬢さんである。

劇中マンガ家・山田ブンと、相棒のしゃべる*ぬいぐるみ「ホクサイ」が締め切り直前に海苔を刻んで佃煮を錬成し、自転車の駐禁をとられた腹いせに全裸でかつお節を削るという無駄な情熱を発揮! だが、だからこそ美味い飯を食いたいんだ!という気合と食べた時の満足感が伝わってくるのです

そして、フィクションではあるはずなんだが描かれているマンガ家生活の悲哀というのはリアリティがありすぎて読めば読むほど気の毒に思えてくるから目が離せない

引用許可を角川さんから「Kindleで読めるサンプル部分」程度頂けたのでご覧頂きたい。

14012231a

伝わるでしょうか、この気合。締め切り直前という切羽詰まった状況で「あえて飯を食う」を実行しようとしたら海苔の佃煮の瓶が開かないことに憤慨してならば海苔を刻んでやる!!とさらにダメな方向にひた走る。

なんだか島本和彦の「燃えよペン」を彷彿とさせる素晴らしい思いきりにテンションがあがりました。あるよねー。そんなとこやってる場合じゃないんだけども、カレーにこだわったりすること。

そして、最高の食事は 最高の食卓で

本書の醍醐味は主人公がマンガ家ということで、マンガ家あるあるを感じれる点。なんだか自分でも作れそうなレシピもついていて実用的な点、なによりも食に対して妥協せずに全力というのが気持ちいい。

けして高級食材をつかうわけでなく、その辺にあるものを活用して低コストにギリギリで料理をするんですけども、だからこそ美味しくいただけるように配慮する。食事は毎日食べるものなんですから、高級なものを食べる時だけ飾るんじゃなくて普段からきちんと食に向き合っていこうという気にさせてくれます。ソレ以外は痛い子なんですけどね

海苔の佃煮にぶっかけそば、栗ご飯、大葉の天ぷらに銀杏のおつまみ……etc。グルメ漫画は数あれど主人公の生活がギリギリすぎて、大丈夫か、この子この先大丈夫なのか?と心配しながら読むのは新鮮でした。食べ終えた顔を見るとすごく小規模な幸せが感じられると思います。美味しいものを食べたら元気でるよねー!

自炊を良くする人、マンガ家マンガが好きな人にはオススメです。Amazonレビューにもある通り構図が独特なんでちょっと読みづらいと思う人がいるかもしれませんが、わたしはデカワンコとか好きなんですんなり入れました。いまのところ全1巻なんですけども水面下で移籍計画が進行中ということなんで、ここで売上が伸びればもしかすると続きが……。移籍&連載再開決定!!) オススメの作品です。

ホクサイと飯

鈴木 小波 (著)
価格:603円
★★★★* 30件のレビュー

海苔佃煮、お雑煮、カレーうどん……いつものおかずも自分で作れば、楽しくてしかもおいしい! 一人暮らしの女マンガ家が、迫り来る締切&容赦ない編集、そして日々の「飯」と全力で取り組む姿を描いた、インドア系ご馳走マンガ、登場!

[スポンサーリンク]

Follow Me!!

更新通知を受け取る

image/svg+xml ブラウザでプッシュ通知
  • 新着記事
  • セール関連記事
  • 人気記事