売れてます!『ゲームの王国』『マルドゥック・アノニマス』『戦闘妖精・雪風』など春のハヤカワ電子書籍祭


AmazonKindleで早川書房のSF・実用書など1000冊以上が対象の『春のハヤカワ電子書籍祭』より人気作をピックアップしました。

紹介済み作品では劉慈欣『三体』と平鳥コウ『JKハルは異世界で娼婦になった』がそれぞれ圧倒的にな人気となっていますね。未紹介では第38回日本SF大賞&第31回山本周五郎賞を同時受賞の小川哲『ゲームの王国』上下巻が文庫本価格からさらに50%OFFでダントツ売れていますね。新作の『嘘と正典』もセールなのであわせて載せときますね。

ほか、冲方丁『マルドゥック・アノニマス』や待望の新章 森岡 浩之『星界の戦旗』など人気シリーズ最新刊や『戦闘妖精・雪風』『虐殺器官』などちょっと懐かしさもある国内作品やや定番・古典などSF作品が強いようです。

春のハヤカワ電子書籍祭(4/13まで)

春のハヤカワ電子書籍祭(4/13まで)

ゲームの王国 上 (ハヤカワ文庫JA)

小川 哲 (著)
価格:462円

サロト・サル――後にポル・ポトと呼ばれたクメール・ルージュ首魁の隠し子、ソリヤ。貧村ロベーブレソンに生まれた、天賦の「識(ヴィンニャン)」を持つ神童のムイタック。運命と偶然に導かれたふたりは、軍靴と砲声に震える1975年のカンボジア、バタンバンで邂逅した。秘密警察、恐怖政治、テロ、強制労働、虐殺――

ゲームの王国 下 (ハヤカワ文庫JA)

小川 哲 (著)
価格:462円

ムイタックは渇望を遂げるため、脳波を用いたゲーム《チャンドゥク》の開発を進めていた。過去の物語に呪縛されながら、光ある未来を乞い願って彷徨うソリヤとムイタックがゲームの終わりに手にしたものとは……。 第38回日本SF大賞&第31回山本周五郎賞受賞作品

嘘と正典

小川 哲 (著)
価格:880円

第3回ハヤカワSFコンテスト〈大賞〉受賞後、第2長篇『ゲームの王国』で日本SF大賞および山本周五郎賞を受賞した小川哲。その受賞後第一作となる短篇集を刊行する。奇想小説、歴史小説、そしてSF小説……ジャンルすべてを包含して止揚する傑作集の誕生。


マルドゥック・アノニマス 4 (ハヤカワ文庫JA)

冲方 丁 (著)
価格:429円

ガス室に閉じ込められたウフコックの前に現れたのは、経緯を知るはずのないバロットだった。事件は二人の物語として再び動き出す

アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風

神林長平 (著)
価格:347円

地球のジャーナリスト、リン・ジャクスンに届いた手紙は、ジャムと結託してFAFを支配したというロンバート大佐からの、人類に対する宣戦布告だった。ついに開始されたジャムの総攻撃のなか、FAFと特殊戦、そして深井零と雪風を待ち受けていたのは、人間の認識、主観そのものが通用しない苛酷な現実だった。

星界の戦旗Ⅵ 帝国の雷鳴 星界シリーズ (ハヤカワ文庫JA)

森岡 浩之 (著)
価格:330円

人類史上最大の戦闘の末、〈アーヴによる人類帝国〉は帝都ラクファカールを失陥した! 皇帝ラマージュは戦いに倒れ、アーヴたちは宇宙の各所に散り散りとなった。それから十年。新皇帝ドゥサーニュのもと、アーヴの反撃がいま始まる。ラフィールは艦隊を率いジントともに出撃してゆく。戦旗シリーズ第二部開幕!

〔少女庭国〕 (ハヤカワ文庫JA)

矢部 嵩 (著)
価格:396円

卒業式会場に向かっていた中3の羊歯子は――暗い部屋で目覚めた。隣に続くドアには貼り紙が。“下記の通り卒業試験を実施する。ドアの開けられた部屋の数をnとし死んだ卒業生の人数をmとする時、n-m=1とせよ”。ドアを開けると同じく寝ていた中3女子は無限に目覚め、中3女子は無限に増えてゆく……。

一九八四年 (ハヤカワepi文庫) 新訳版 Edition,

ジョージ・オーウェル (著), 高橋 和久 (著), 高橋和久 (翻訳)
価格:367円

〈ビッグ・ブラザー〉率いる党が支配する超全体主義的近未来。ウィンストン・スミスは、真理省記録局で歴史の改竄に従事していた。彼は奔放な美女ジュリアとの出会いを契機に、伝説的な裏切り者による反政府地下活動に惹かれるようになる。

幼年期の終り

アーサー C クラーク (著), 福島 正実 (著, 翻訳)
価格:358円

異星人の宇宙船が地球の主要都市上空に停滞してから五十年。その間、異星人は人類にその姿を見せることなく、見事に地球管理を行なった。だが、多くの謎があった。宇宙人の真の目的は? 人類の未来は?――巨匠が異星人とのファースト・コンタクトによって新たな道を歩みはじめる人類の姿を描きあげた傑作!

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

フィリップ・K・ディック (著), 浅倉 久志 (著), カバーデザイン:土井宏明(ポジトロン) (イラスト), 浅倉久志 (翻訳)
価格:341円

第三次大戦後、放射能灰に汚された地球では生きた動物を持っているかどうかが地位の象徴になっていた。人工の電気羊しか飼えないリックは、かくて火星から逃亡した〈奴隷〉アンドロイド八人の首にかかった賞金を狙って、決死の狩りを始めた!

あなたの人生の物語

テッド チャン (著), 浅倉久志 (翻訳)
価格:413円

ネビュラ賞を受賞した感動の表題作をはじめ、天使の降臨とともにもたらされる災厄と奇跡を描くヒューゴー賞受賞作「地獄とは神の不在なり」、天まで届く塔を建設する驚天動地の物語--ネビュラ賞を受賞したデビュー作「バビロンの塔」ほか、本邦初訳を含む八篇を収録する傑作集。

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

伊藤 計劃 (著)
価格:315円

9・11を経て、“テロとの戦い”は転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。米軍大尉クラヴィス・シェパードは、その混乱の陰に常に存在が囁かれる謎の男、ジョン・ポールを追ってチェコへと向かう……彼の目的とはいったいなにか?

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)

伊藤 計劃 (著)
価格:315円

これは、“人類”の最終局面に立ち会ったふたりの女性の物語——急逝した著者がユートピアの臨界点を活写した日本SF大賞受賞作 ※本文中にHTMLタグのような表記がありますが、これは本書の仕様です。

Self-Reference ENGINE

円城 塔 (著)
価格:275円

彼女のこめかみに埋まった弾丸。鯰文書の謎を解き明かす老教授の最終講義。床下の大量のフロイト。異形の巨大石像と白く可憐な靴下。岩場を進む少年兵の額に灯るレーザーポインタ。反乱を起こした時間。そして、あてのない僕らの冒険──これはSF? 文学? あるいはまったく別の何か? 驚異のデビュー作。

大絶滅恐竜タイムウォーズ (ハヤカワ文庫JA)

草野原々 (著)
価格:451円

小田原市在住の女子高生たちが人類の進化を守るため、6600万年前の白亜紀末期へとタイムトラベルして、知性化鳥類と戦争するというものだった。やがてお話は暴走に暴走を重ね、「世界の真実」についての答えがもたらされる。本書は『大進化どうぶつデスゲーム』の続篇であるものの、前作読者の期待を大きく裏切る超衝撃的な問題作である!(解説:難波優輝)

夏への扉

ロバート A ハインライン (著), 福島 正実 (著)
価格:424円

ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって夏への扉を探しはじめる。家にあるいくつものドアのどれかひとつが、夏に通じていると固く信じているのだ。1970年12月3日、かくいうぼくも、夏への扉を探していた。最愛の恋人に裏切られ、生命から2番目に大切な発明までだましとられたぼくの心は、12月の空同様に凍てついていたのだ!

ソラリス (ハヤカワ文庫SF)

スタニスワフ レム (著), 沼野 充義 (翻訳)
価格:495円

惑星ソラリス――この静謐なる星は意思を持った海に表面を覆われていた。惑星の謎の解明のため、ステーションに派遣された心理学者ケルヴィンは変わり果てた研究員たちを目にする。彼らにいったい何が? ケルヴィンもまたソラリスの海がもたらす現象に囚われていく……。

予想どおりに不合理  行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

ダン アリエリー (著), 熊谷 淳子 (翻訳)
価格:385円

「現金は盗まないが鉛筆なら平気で失敬する」「頼まれごとならがんばるが安い報酬ではやる気が失せる」「同じプラセボ薬でも高額なほうが効く」――。人間は、どこまでも滑稽で「不合理」。でも、そんな人間の行動を「予想」することができれば、長続きしなかったダイエットに成功するかもしれないし、次なる大ヒット商品を生み出せるかもしれない!

これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

マイケル・サンデル (著), 鬼澤 忍 (著, 翻訳)
価格:367円

1人を殺せば5人が助かる状況があったとしたら、あなたはその1人を殺すべきか? 哲学は、机上の空論では断じてない。金融危機、経済格差、テロ、戦後補償といった、現代世界を覆う無数の困難の奥には、つねにこうした哲学・倫理の問題が潜んでいる。この問題に向き合うことなしには、よい社会をつくり、そこで生きることはできない。

小さなチーム、大きな仕事 働き方の新しいスタンダード (ハヤカワ文庫NF)

ジェイソン フリード (著), デイヴィッド ハイネマイヤー ハンソン (著), 黒沢 健二 (翻訳), 松永 肇一 (翻訳), 美谷 広海 (翻訳), 祐佳 ヤング (翻訳)
価格:319円

会社は大きいほうがいいなんて幻想だ。高価な広告、営業部隊、オフィス、いや、会議も事業計画もいらない。小さな所帯で、シンプルに、迅速に、臨機応変に。世界的スタートアップ、ベースキャンプの創業者とカリスマ開発者が、インターネット時代の仕事術を伝授するビジネス書の新スタンダード。イラスト収録版。

国家はなぜ衰退するのか 権力・繁栄・貧困の起源(上)

ダロン・アセモグル (著), ジェイムズ・A・ロビンソン (著), 鬼澤 忍 (著)
価格:495円

世界にはなぜ豊かな国と貧しい国が存在するのか? 『銃・病原菌・鉄』のジャレド・ダイアモンド、ノーベル経済学賞の歴代受賞者が絶賛する全米ベストセラー!上記の問いに答える鍵は、地理でも、気候でも、文化でも、あるいは為政者の無知でもない。問題なのは政治・経済上の「制度」なのだ。

以下、紹介済みの人気作

三体

劉 慈欣 (著), 大森 望 (翻訳), 光吉 さくら (翻訳), ワン チャイ (翻訳), 立原 透耶 (監修)
価格:1,045円 50%OFF

物理学者の父を文化大革命で惨殺され、人類に絶望した中国人エリート女性科学者・葉文潔(イエ・ウェンジエ)。失意の日々を過ごす彼女は、ある日、巨大パラボラアンテナを備える謎めいた軍事基地にスカウトされる。そこでは、人類の運命を左右するかもしれないプロジェクトが、極秘裏に進行していた。

JKハルは異世界で娼婦になった (ハヤカワ文庫JA)

平鳥 コウ (著)
価格:440円 50%OFF

普通の女子高生・小山ハルは、ある日交通事故に巻き込まれ――気づくと異世界に転移していた。生活のため酒場兼娼館『夜想の青猫亭』で働くと決めたハルだが、男尊&女卑の異世界では嫌なことや理不尽なことがありすぎた。同じく現実世界から来た同級生の千葉、娼館仲間のルぺやシクラソ、ハルに思いを寄せるスモーブと出会い、異世界に溶け込み始めたハルを待つ過酷な運命とは……。

最後にして最初のアイドル (ハヤカワ文庫JA)

草野 原々 (著)
価格:391円 50%OFF

「神狩り」以来42年ぶりにデビュー作で星雲賞を受賞した表題作をはじめ、オタク文化と暴走する奇想が脳を揺さぶるSF、全3篇。

裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル (ハヤカワ文庫JA)

宮澤 伊織 (著)
価格:391円 50%OFF

仁科鳥子と出逢ったのは〈裏側〉で“あれ”を目にして死にかけていたときだった――その日を境に、くたびれた女子大生・紙越空魚の人生は一変する。「くねくね」や「八尺様」など実話怪談として語られる危険な存在が出現する、この現実と隣合わせで謎だらけの裏世界。研究とお金稼ぎ、そして大切な人を探すため、鳥子と空魚は非日常へと足を踏み入れる――

折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

ケン リュウ (編集), 中原 尚哉・他 (翻訳)
価格:941円 50%OFF

三層に分かれた折りたたみ式の北京を描いた表題作、中国に史上初のヒューゴー賞をもたらした「円」など7作家の13作品を、『紙の動物園』著者のケン・リュウが選び収録。いま一番SFが熱い国・中国の粋を集めたアンソロジー

紙の動物園 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

ケン リュウ (著), 古沢 嘉通 (翻訳)
価格:677円 50%OFF

〈ヒューゴー賞/ネビュラ賞/世界幻想文学大賞受賞〉ぼくの母さんは中国人だった。母さんがクリスマス・ギフトの包装紙をつかって作ってくれる折り紙の虎や水牛は、みな命を吹きこまれて生き生きと動いていた……。

零號琴〔SFマガジン連載版〕 (早川書房)

飛 浩隆 (著)
価格:550円 50%OFF

2018年に刊行された著者16年ぶりの第2長篇『零號琴』。その〈SFマガジン〉連載時の原稿をそのまま一冊にまとめて電子書籍限定配信! ありえたかもしれないもうひとつの『零號琴』がここに。

注意事項:Kindle本の価格は随時変更されています。また、本サイトでは購入された書籍や内容についての責任は持てません。ご購入の前にAmazon上の価格・内容をよく確認してください。良い価格で良い本を。きんどるどうでしょうでした。

[スポンサーリンク]

返品はAmazonカスタマーサービスへ

セールのときはAmazonギフト券

スマホ向けモード切替

スマホユーザーさんへ

Follow Me!!

更新通知を受け取る

  • 新着記事
  • セール
  • 人気