24日の新刊『週刊少年サンデー』「ふたりべや 6」「人間のように泣いたのか? Wシリーズ」など228冊


10月24日のKindle本新刊から注目作品をまとめました。

水曜恒例コミック誌『サンデー』『マガジン』ほかコミックスでは『ふたりべや』などバーズコミックス新刊や講談社の20年ほどまえの女子マンガが電子化配信。あとは角川文庫や講談社タイガなど小説作品が注目かな? 13時時点で238冊がKindle配信されています。

→ すいません、当初間違って2週間前のサンデーを最新号として掲載しました。新刊一覧で検索するのが億劫でKindle全体で『サンデー』と検索して勘違いしました……。

10月24日のKindle新刊一覧

Kindle新刊より注目作品

週刊少年サンデー 2018年48号(2018年10月24日発売)

週刊少年サンデー編集部 (編集)
価格:300円

スポーツも、美少女も、熱いバトルも!! 毎週水曜日を楽しくする漫画雑誌 「週刊少年サンデー」電子版!2018年48号配信!!

週刊少年マガジン 2018年 47号

春場ねぎ (著), 安田剛士 (著), 宮島礼吏 (著), 鈴木央 (著), 西尾維新 (著), 大暮維人 (著), 真島ヒロ (著), 小高和剛 (著), 中山敦支 (著), 金田陽介 (著), 金城宗幸 (著), & 19 その他
価格: 300円

※『はじめの一歩』は収録されていません。巻頭グラビア毎週夢いっぱい16ページ!! 今週は大原優乃! 巻頭カラーでキャラ人気投票&アニメ情報大発表! 五等分の花嫁  新連載第3回

ふたりべや (6) 【電子限定おまけ付き】 (バーズコミックス)

雪子 (著)
価格:600円

大学2年生になっても住居はワンルーム、ベッドもひとつでいつも一緒の桜子とかすみ。2人同居生活も5年目に突入。高校時代の後輩・芹も入学してますます楽しい大学生活!小瑠璃&モカや大学の友人たちとも盛り上がるさくかすコンビのワクワクな毎日♪ 電子限定おまけ付き!!

人間のように泣いたのか? Did She Cry Humanly? Wシリーズ (講談社タイガ)

森博嗣 (著)
価格:778円

生殖に関する新しい医療技術。キョートで行われる国際会議の席上、ウォーカロン・メーカの連合組織WHITEは、人口増加に資する研究成果を発表しようとしていた。実用化されれば、多くの利権がWHITEにもたらされる。実行委員であるハギリは、発表を阻止するため、武力介入が行われるという情報を得るのだが。すべての生命への慈愛に満ちた予言。知性が導く受容の物語。

八月は冷たい城 (講談社タイガ)

恩田陸 (著)
価格:648円

夏流城(かなしろ)での林間学校に初めて参加する光彦。毎年子どもたちが城に行かされる理由を知ってはいたが、「大人は真実を隠しているのではないか」という疑惑を拭えずにいた。到着した彼らを迎えたのは、カウンターに並んだ、首から折られた四つのひまわりの花だった。少年たちの人数と同じ数――不穏な空気が漂うなか、互いに疑心暗鬼をつのらせる卑劣な事件が続き……?

美少年М (講談社タイガ)

西尾維新 (著), キナコ (イラスト)
価格:680円

映画祭で敗退し、敵組織・胎教委員会に繋がる道を断たれた、美少年探偵団。『美観のマユミ』こと瞳島眉美は、沃野禁止郎を追い、私立アーチェリー女学院に単身乗り込むことを決意する。古式ゆかしい大和撫子を育てる名門校では、信じがたい事件が起きていた! しかし、マユミの『良すぎる視力』には限界が近づき――? ひとりのときも心は常に共にある、美少年シリーズ第九作!

グアムの探偵 (角川文庫)

松岡 圭祐 (著)
価格:691円

グアムでは探偵の権限は日本と大きく異なる。政府公認の私立調査官であり拳銃も携帯可能。基地の島でもあるグアムで、日本人観光客、移住者、そして米国軍人からの謎めいた依頼に日系人3世代探偵が挑む。

わが家は祇園の拝み屋さん9 星の導きと今昔の都 (角川文庫)

望月 麻衣 (著)
価格:648円

関東本部から呼ばれた澪人と一緒に、夏の間だけ実家に戻ることにした小春。京都に残るチームOGMのみんなとも連携しながら、東京の波動が下がった原因を突き止めようとするが――。

ホーンテッド・キャンパス 夏と花火と百物語 (角川ホラー文庫)

櫛木 理宇 (著), ヤマウチ シズ (イラスト)
価格:691円

この世で最もリア充なイベント、それでは、好きな女子との花火大会!…のはずが、その会場でオカ研メンバーたちと百物語をすることになった森司。ラストはどんでん返しも待っている、大人気シリーズ最新刊!

水木しげるの不思議草子 (角川文庫)

水木 しげる (著)
価格:691円


屁こきじいさん、鉢かつぎ姫、ものくさ太郎など……室町・江戸時代の庶民に親しまれてきた読み物『御伽草子』。その中でも人気の高い「猫のさうし」「福富草紙」「鉢かづき」「物くさ太郎」「瓜姫物語」「御曹子島渡」の6編を水木サン流にアレンジし、新たな息を吹き込んだ。化け物集会に付喪神、あまのじゃくや鬼などに加え、さらにはおなじみのねずみ男も登場!

ベルと紫太郎 第一巻 (単行本コミックス)

伊田チヨ子 (著)
価格:886円

時は大正、処は東京。上野黒門町の長屋で同棲する、浅草の芝居小屋女優・ベルと、ベルの大ファンで恋人(?)の紫太郎。お隣さんにもその関係が「?」な二人のふわふわ同棲4コマ!

怪盗探偵山猫 月下の三猿 「怪盗探偵山猫」シリーズ (角川文庫)

神永 学 (著)
価格:691円

猿の仮面を被った謎の男たちに襲われた少女を助けた勝村。少女は猿の娘と名乗り、父が遺したある物を見つけるために山猫を探しているという。かつて世間を賑わした窃盗団・三猿が関係しているらしいが……。

注意事項:Kindle本の価格は随時変更されています。また、本サイトでは購入された書籍や内容についての責任は持てません。ご購入の前にAmazon上の価格・内容をよく確認してください。良い価格で良い本を。きんどるどうでしょうでした。

LINEで速報をお届けします

返品はAmazonカスタマーサービスへ

Follow Me!!

更新通知を受け取る

  • 新着記事
  • セール
  • 人気